ビジネスメール

「ガガガ星人」現る!

「~ですが、~です。」という文章は、
「~です。しかし、~です。」と書き換えてみてください。

そのほうが、1文が短くなり、理解しやすくなります。

「しかし」と書くと違和感がある場合は、
逆接の意味がないのに「が、」を使っている証拠。

そんなときは、「しかし、」も書かずに、
「~です。~です。」と書けばいいのです。

Photofunia1440508518

続きを読む "「ガガガ星人」現る!"

| | コメント (0)

ワタシ宛てのラブレター、大暴露!

知り合いのA男に、
A男の知り合いのB男から預かったという
ラブレターをもらいました。

え? 愛の告白・・・sign02 happy02

Pak99_kabedonyoru20140301500

続きを読む "ワタシ宛てのラブレター、大暴露!"

| | コメント (0)

「ほうれんそう」ができない症候群

「ほう・れん・そう」って何ですか?

・・・と聞かれた時点でめまいがしましたが、
気を取り直して・・・

「ほうれんそう」は、「報告・連絡・相談」という
ビジネスの基本のことですよね。

これができない・・・というか、
はき違えている大人がいることに驚きます。

例えば、

続きを読む "「ほうれんそう」ができない症候群"

| | コメント (0)

メールの非効率化 ―タスクは何???

こんなメールが来ました。

------------------------------

関係者 各位

いつも、お世話になっております。
○○の△△です。

添付のとおり資料3点を送付いたします。

(1)×××の送付

(2)×××の送付

(3)×××(サンプル)の送付

よろしくお願い致します。

------------------------------

 

・・・あー、メンドクサイdash

続きを読む "メールの非効率化 ―タスクは何???"

| | コメント (0)

約束は、面会?電話?メール?

メールを使うかどうかの判断基準

お客様とのコミュニケーションをとるツールは複数あります。
メールを書くより電話をしたほうが、話が早いケースも。

でも、「面倒だから電話で」というのは問題があります。
一方で、何でもメールで済ませると、損をすることもあります。

言った、言わないのトラブルに

メールが嫌いな人は少なくありません。パソコンが苦手だったり、文章の読み書きが面倒だったり。電話で、あるいは直接会って話しをしたほうが、伝えたいことも伝わりやすいものです。

でも、口頭で伝えたことは記録に残りません。
記憶には残りますが、正確に記憶されるかどうかは怪しいもの。
先生はきちんと説明したのに、お客様には「聞いていない」と言われてしまうことだってあるのです。

実際、こんなことがありました。

続きを読む "約束は、面会?電話?メール?"

| | コメント (0)

【理解しやすい文章の書き方】敬語は最小限に2

「理解しやすい文章の書き方」のTipsを、Twitterに投稿しています。

今日は、2013年5月30日のTweet一覧です。

続きを読む "【理解しやすい文章の書き方】敬語は最小限に2"

| | コメント (0)

「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方

面と向かって話すのと違い、メールや文章だと、
表情や声色が伝わりません。

そのため、普通に書いたつもりが、
「冷たい」とか、「感じ悪い」と受け止められてしまうことも。

そこでsign01文末(語尾にあたる部分)に絵文字を使うと、
やわらかく、あたたかい印象を与えることができます。

 

でも、携帯メールならともかく、PCメールではちょっと・・・。

そんなときは、文末に「ね」をつける。

・・・と、『言いたいことが確実に伝わる メールの書き方』(明日香出版)に書いてありましたよねgood

 

でも、一見、当たり前のことのようでいて、実は、本当にそうなのかどうかはわかりませんよね。

  • 絵文字を使うと、やわらかくあたたかい印象を与えることができる
  • 絵文字を使うと、相手が肯定的に受け止める
  • 文末に「ね」があると、やわらかくあたたかい印象を与えることができる

それを裏付ける実験を見つけました。

続きを読む "「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方"

| | コメント (0)

返信メールのタイトルは変えるべき?

いただいたメールに返信するとき、

「Re:○○会へのお誘い」

のように、タイトルに自動的につく「Re:」。

 

「これは失礼だから取るべきだsign01

という方もいらっしゃるようですが、
ちっとも失礼ではないと思います。

むしろ、勝手にタイトルを変えられてしまうと、
自分が送ったメールへの返事だということが
わかりにくくなります。

 

また、

「【株式会社ことのは本舗 小田順子】Re:○○会へのお誘い」

と、名前や所属を入れると親切sign01

 

という方もいらっしゃいますが・・・

続きを読む "返信メールのタイトルは変えるべき?"

| | コメント (0)

プロフェッショナルなメール術

「フリーランスの学校」で、プロフェッショナルな(笑)メール術についてお話してきました。

O0640048012224309914

(写真は中山マコト先生のブログから拝借)

写真をクリック・拡大して、よ~く見てください。
見えないかな~ 「バカっぽい敬語」の例。

続きを読む "プロフェッショナルなメール術"

| | コメント (0)

目からウロコが落ちる音

私が実施する研修では、

参加者の目からウロコが落ちる音

がします。

 

どんな音だと思いますか。

・・・簡単です。それは・・・

続きを読む "目からウロコが落ちる音"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧