日記・コラム・つぶやき

一意専心、百花斉放

アウトプットばかりしていると、
サービスの質が不安になってきます。

そこでsign03

寒~いこの時期は、部屋にこもって
書籍でインプットbookなんてどうでしょうsign02

Img_0098

続きを読む "一意専心、百花斉放"

| | コメント (0)

頑張れば、ごほうびがある!?

気づくと、1月も終わろうとしています。

ブログも更新しないまま・・・coldsweats01

備忘録として、1月の活動報告です。

 

karaoke岡山県で5日間しゃべりっぱなし

投稿 by 公益財団法人岡山県市町村振興協会 研修センター.

 

県の研修所で4日間。

 

Dsc_7212

人生初、「カキオコ」。

Dsc_7186_2

岡山果実で作ったビール。

続きを読む "頑張れば、ごほうびがある!?"

| | コメント (0)

2014年のお仕事まとめ

講演実績を中心に、2014年のお仕事をまとめました。

思いのほか時間がかかって、年内には終わらず、
年を越してしまいましたcoldsweats01

 

1月

1504478_637403542983292_986177783_o
大分空港

2月

1782015_642100799180233_1686170134_
柏崎市役所前のバス停

3月

続きを読む "2014年のお仕事まとめ"

| | コメント (0)

お役所研修アンケート結果「あるある」ワースト3

お役所で研修をしていると、
必ずと言っていいほど出てくる
いかにもお役所的なご意見(アンケート結果)。

「お役所あるある」ワースト3の発表ですcoldsweats01

 

one休憩時間が短い

Ojs_syuukatunitukaretadansei500

はい?

60分から90分に1回、5分程度の
トイレ休憩を取っていますが?

大学生は、90分授業ですよね。
中高校生並みに、授業は50分、
休憩10分にしてほしいのかな?

・・・アナタ、何年生?

 

そもそも、役所の職員は、服務規程で休憩時間と休息時間が決まっているはず。

一般的なのは、

午前8時30分~12時 勤務
午前12時~午後1時 休憩
午後1時~午後5時15分 勤務
(途中、3時ごろに1回、10分の休息)

じゃないかな。

それ以上休憩・休息を取るのは、
「職務専念義務違反」では?

 

twoワークの時間が足りない

続きを読む "お役所研修アンケート結果「あるある」ワースト3"

| | コメント (0)

「アナ雪」に学ぶ「文章の書き方」

ありのままの姿見せるのよ。
ありのままの自分になるの。

だってもう自由よ。
何でもできる。

これでいいの。
自分を好きになって。

(映画「アナと雪の女王」より)

 

・・・ほんとに、それでいいのsign02

 

今頃、「アナ雪」を見ました。

で、世間の「レリゴー」流行りに疑問が。

続きを読む "「アナ雪」に学ぶ「文章の書き方」"

| | コメント (0)

町村議会の広報

平成26年10月21日・22日、
全国町村議会議長会が開催した
第81回町村議会広報研修会」で、
お話をしてきました。

Dsc_7641

会場は、東京のシェーンバッハ・サボー。

参加者数、約600人sign01

続きを読む "町村議会の広報"

| | コメント (1)

ワタシ宛てのラブレター、大暴露!

知り合いのA男に、
A男の知り合いのB男から預かったという
ラブレターをもらいました。

え? 愛の告白・・・sign02 happy02

Pak99_kabedonyoru20140301500

続きを読む "ワタシ宛てのラブレター、大暴露!"

| | コメント (0)

「ほうれんそう」ができない症候群

「ほう・れん・そう」って何ですか?

・・・と聞かれた時点でめまいがしましたが、
気を取り直して・・・

「ほうれんそう」は、「報告・連絡・相談」という
ビジネスの基本のことですよね。

これができない・・・というか、
はき違えている大人がいることに驚きます。

例えば、

続きを読む "「ほうれんそう」ができない症候群"

| | コメント (0)

「もっと見る」はクリックしない

フェイスブックでは、改行が5行以上になると、
「もっと見る」と端折られてしまいます。

つまり、ワープロソフトで言うところの
改行マークが4個まで・・・ということです。

では、それ以上、長い文章は読まれるのでしょうか。

続きを読む "「もっと見る」はクリックしない"

| | コメント (0)

「アイ・ラブ・オバマ」

※これは5年ほど前に書いた、エディタースクールの課題文です※

 

夕食まで間があるので、宿の近くを歩いてみようと思い立った。

Saba_st

どんよりとした雨雲を水面に映す小浜湾を背にして、宿の裏手の道に出る。

まっすぐに伸びた道には、長い年月を経たであろう家が建ち並んでいた。
光沢のない蝋(ろう)色の瓦で葺いた屋根に白茶や乳白色の土壁。
窓や玄関には、瓦と同じ色合いの格子枠がはまっている。

古物商や雑貨商らしき店先には人気がない。
資料館の入り口も施錠されている。
息を殺してじっと建っている家並みは、
まるで映画撮影のセットのようだった。

続きを読む "「アイ・ラブ・オバマ」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧