ニュース

読解力は人生を左右する?!

今回も、

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著/東洋経済新報社)

を読んだ感想というか、備忘録です。

 

私は学生時代から、家庭教師や塾講師として、小中学生、高校生に「勉強を教える」ということを経験してきました。

 

そのときに、気づいたことがあります。

生徒によっては、正答できない理由が、

そもそも問題文に書かれていることが
読み取れていない。

何を聞かれているか理解できないので、
何をどう答えていいのかがわからない

というケースもあったのです。

 

しかし著者は、それ以前の問題として、

教科書に書かれていることが理解できないのではないか

という疑問を提示しています。

 

■読解力と偏差値

続きを読む "読解力は人生を左右する?!"

| | コメント (0)

丸暗記ではAIに勝てない……

前回に引き続き、

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著/東洋経済新報社)

を読んだ感想というか、備忘録です。

本書によれば、AIは、

  • 「係り受け」
  • 「照応」(コソアド言葉が何を指すか、ですね)

は、得意scissors

でも、「同義文判定」は苦手で、
「推論」はおそらく不可能だとか。

以下に、「同義文判定」と「推論」の例をご紹介します。

続きを読む "丸暗記ではAIに勝てない……"

| | コメント (0)

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』

Siriに「イタリア料理のレストランsign01」と言うと、
いくつかのイタリア料理のお店を教えてくれます。

 

でも、「イタリア料理以外のレストランsign01」と言っても、
やはり、同じイタリア料理のお店を教えてくれるんです。

 

今後、「以外の」とか「じゃない」とかの語彙を学習させれば、
正しい答えを返せるようになるかもしれませんが、
今の時点では期待した答えが返ってきません。

 

でも、人間の子どもたちにも、似たような傾向があるようです。

 

少し前に話題になった、

 

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著/東洋経済新報社)

 

によれば、子どもたちの読解力は危機的状況にあるとか。

 

以下に、全国読解力調査の例をご紹介します。

続きを読む "『AI vs 教科書が読めない子どもたち』"

| | コメント (0)

「ドナルド・キーン・センター柏崎」 の内覧会に行ってきました

2013年9月21日にオープンする
「ドナルド・キーン・センター柏崎」の
内覧会に行ってきました。

 

あ、その前に。

私、柏崎市(新潟県)の「広報専門官」を拝命し、
月の半分くらいは柏崎市役所に勤務しております。

flair参考
柏崎市広報専門官の任用について
(市長定例記者会見概要(平成25年9月4日))

 

sign01 役得、ヤクトクsign02
オープン直前のセンターの内覧会に潜入。

Dsc_1201

続きを読む "「ドナルド・キーン・センター柏崎」 の内覧会に行ってきました"

| | コメント (0)

「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ

謝罪会見で使ってはいけない言葉

復興庁幹部暴言ツイート:復興相が謝罪 国の姿勢疑う声も

 

復興庁で福島県の被災者支援を担当する水野靖久参事官(45)がツイッターで暴言を繰り返していた問題は、13日の衆院東日本大震災復興特別委員会で根本匠復興相が謝罪。同県の地元自治体などからは「国は腹の中でどう思っているのか」と国の姿勢を疑う声も上がるなど波紋が広がった。

◇復興相「深くおわび」

「発言が事実とすれば国家公務員として不適切で、関係者に不快な思いをさせたのなら率直におわびしたい」。根本復興相は復興特別委で、沈痛な表情で頭を下げた。

毎日新聞 2013年06月13日 11時45分(最終更新 06月13日 12時45分)

確かに、沈痛な表情は良かった。

日本プロ野球機構が、統一球に関する事実を公表していなかった件で、加藤良三コミッショナーが行った会見(6月12日)よりはマシです。

「自分は知らされていなかった」、「不祥事を起こしたとは思っていない」と勝ち誇ったように言う、あの表情はまずいです。

「沈痛な表情」で、まずは「ごめんなさい」をするべきです。
組織の広報担当は、何もアドバイスをしなかったのでしょうか。

ダルビッシュ選手にも指摘されてますが、「自分に非はない」ことを強調しても、解決策にはつながらないし、誰も得をしない。

「名前は入れるけど、自分に責任はない」のであれば、広告費を払うべきでは(笑)

と、それはさておき、復興庁のお話に戻ります。

続きを読む "「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ"

| | コメント (0)

誤解を招く表現は、悪気がなくてもNG!

エッチしよnote

 
 

Dokiheart01

っとした人も少なくないようですね。
松下奈緒さんの、「クリアアサヒ」のCM。

そのせいなのかどうかは不明ですが、
このバージョンは見なくなりました。

 

では、これはどうでしょう。

Tokuhou

続きを読む "誤解を招く表現は、悪気がなくてもNG!"

| | コメント (0)

3.11を忘れない ―クローバーの花

取材で訪れた陸前高田市。

津波が何メートルかを聞いても、
それがどれだけの破壊力があるのかはイメージできない。
どんな事態に陥るのか、想像できない。

 

ここまで船が流されたのか、とか、

Dscf5519

 がれきがまだ、こんなに残っているのか、とか、

Dscf5536

Dscf5544

線路が途中でなくなっちゃってるな、とか、

Dscf5545

建物が、被災したそのまんまなんだな、とか、

Dscf5532


Dscf5529

それでも、そこにたくましい命があるんだな、とか。

そのくらいしかわからない。
 

でも、これを一人でも多くの人に伝えなければならない。

続きを読む "3.11を忘れない ―クローバーの花"

| | コメント (0)

『現代の図書館』が届いた♪

『現代の図書館』vol.50 no.2(社団法人日本図書館協会発行)が届きましたdownwardright

2012081213360001

今号のテーマは、「特集:ソーシャルメディアが広げる図書館の『輪』と『場』」。

私は「公共機関のソーシャルメディア活用―情報発信から情報共有・共感へ」というお題で寄稿させていただきました。

 

しかし、4月に書いて6月発行のはずが、どうして8月に・・・
私の書いた内容がいけなかったのか・・・とヒヤヒヤしました。

 

私は、公共機関のソーシャルメディア活用の成功事例として、佐賀県武雄市を挙げたんですね。

もしかして、それがまずかったのではsweat02と思ってみたり。

 

結局、そんなことはなく、勘ぐりすぎだったようですがcoldsweats01

気になっていたのはこのdownwardleft件です。

日本図書館協会の見解・意見・要望
「武雄市の新・図書館構想について」

続きを読む "『現代の図書館』が届いた♪"

| | コメント (0)

これで怖くない!公務員のクレーム対応術

ついに、出ます!

これで怖くない!公務員のクレーム対応術(小田順子編著/学陽書房)

Claimm

Amazonでも予約受け付けを開始しましたheart04

でもAmazonには、まだ表紙画像もないし、目次などの情報もないので、ここでご紹介しちゃいますscissors

続きを読む "これで怖くない!公務員のクレーム対応術"

| | コメント (0)

拙著が、新番組「日本語を知らない日本人」の原案になりました!

読売テレビで放送されていた、「日本人の知らない日本語」というドラマdownwardleftをご存知でしょうか。

2012aprilfool

これは、2010年7月から、9月末まで放送されたもの(全12回)です。

自分自身の日本語があやしい、渋谷のカリスマ店員ハルコが「日本語教師」になって、外国人に日本語を教えるという設定で展開するストーリー。

原案は、私の大好きな日本人の知らない日本語 です。

いや、この本、めっちゃ笑えるんです。
日本語の勉強にもなる。必読書です。

 

で、その第2弾として、今度はナントsign01
拙著を原案としたドラマを
制作することになりましたshine

続きを読む "拙著が、新番組「日本語を知らない日本人」の原案になりました!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧