« 『AI vs 教科書が読めない子どもたち』 | トップページ | 読解力は人生を左右する?! »

丸暗記ではAIに勝てない……

前回に引き続き、

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著/東洋経済新報社)

を読んだ感想というか、備忘録です。

本書によれば、AIは、

  • 「係り受け」
  • 「照応」(コソアド言葉が何を指すか、ですね)

は、得意scissors

でも、「同義文判定」は苦手で、
「推論」はおそらく不可能だとか。

以下に、「同義文判定」と「推論」の例をご紹介します。

 

■「同義文判定」の例

「同義文判定」とは、例えば、

「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」

という文と、

「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」

という文が表す内容が、同じかどうかを問うものです。

 

これについては、ネット上で、

「幕府が大名から命じられるわけないだろ」

など、「問題文がおかしいsign01」という指摘も
かなりあったようです。

確かに、おかしいのですが、だからこそ、
「違う」と気づきやすいと思うのですが……

調査結果は、中学生の正答率が57%、高校生が71%。

 

同じか異なるか、二者択一問題なので、
サイコロを振って適当に答えても
正答確率は50%程度のはず。

つまり、「中学生の正答率はサイコロ並み」
と著者は嘆いています。

 

まぁ、私としては、著書や講演などで、

 

受動態は理解しにくいので使わないほうがよい

 

と書いたり話したりしていますので、
これまた「やっぱりね~」と思ったのですがcoldsweats01

■「推論」の例

「エベレストは世界で最も高い山である」

という文を読んで、

「エルブルス山はエベレストより低い」

という文が正しいかどうかを問うのが「推論」の問題です。

 

エベレストが一番高いなら、他の山は全部、
エベレストよりも低いんだなflair

と、書かれていることを元に、
書かれていないことも推測できれば
答えられるわけですね。

 

著者によれば、これは、人間界の常識を知らない
=「常識のない」AIにとって、とても難しいことで、
おそらく永遠にsign02不可能だとのこと。

では、人間が圧勝かというと、そうではなく、
このような「推論」の問題の正答率は、
中学3年生で64.6%、高校2年生で68.5%。

 

ちなみに、このような推測ができないと、

  1. 「エルブルス山はエベレストより低い」
  2. 「富士山はエベレストより低い」
  3. 「高尾山はエベレストより低い」……

とあらゆる例を覚えなくてはならなくなります。

年代や地名などの丸暗記をするのであれば、
AIには勝てませんよねsweat01sweat01sweat01

 

うーん……bearing

 

続きは次回に~soon

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 『AI vs 教科書が読めない子どもたち』 | トップページ | 読解力は人生を左右する?! »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『AI vs 教科書が読めない子どもたち』 | トップページ | 読解力は人生を左右する?! »