« 町村議会の広報 | トップページ | お役所研修アンケート結果「あるある」ワースト3 »

「アナ雪」に学ぶ「文章の書き方」

ありのままの姿見せるのよ。
ありのままの自分になるの。

だってもう自由よ。
何でもできる。

これでいいの。
自分を好きになって。

(映画「アナと雪の女王」より)

 

・・・ほんとに、それでいいのsign02

 

今頃、「アナ雪」を見ました。

で、世間の「レリゴー」流行りに疑問が。

あの「レリゴーnote」が流れるのは、
映画全編の三分の一程度のところ。

それって、いわゆる「布石」。
マイルストーン。
結論に向けて収斂していく一過程。

 

ディズニーの映画だから、
違うのかもしれないけど、
日本の芸術作品、文学作品的には、

「最後に言ったことが作者の言いたいこと=本音」

ですよね。

 

「だってもう自由よ。何でもできる」
「これでいいの。」

 

これらのセリフは、ラストシーンを見ると、
本心とはとても思えない。むしろ、逆sign02

 

自由だけど・・・

何でもできるけど・・・

これでいいの?

 

って聞こえるのですが、深読みし過ぎ?
私の根性が、ひねくれている?

 

特に、曲の一番最後の

「少しも寒くないわ・・・」

という歌詞は、とても寒そうに、
とてもさみしそうに聞こえる。

 

そもそも、人間は、一人では
生きていけないんじゃないかな~

無人島にでも行けば、ありのままの自分で、
自由に生きられるでしょう。
何でもできるでしょう。でもね・・・

 

やなせたかしさんの本に
「人間なんてさみしいね」ってのがあって。

生まれたときは ひとりだったし

死ぬときも ひとりだもの

いまひとりだって さびしくない

いや ちょっとさびしい なぜだろう

 

・・・なんとなく、これと通じる気がします。

 

ま、とにかく、私が言いたかったことは、

  • 芸術的な文章は、一番言いたいことが最後に書いてある
  • ビジネス文章は、映画や小説じゃないんだからねsign01
    言いたいことを最後まで引っ張っちゃ、
    ダメよーダメダメぇ~sign01

ってことでしたsign03
って、言いたいことを最後に書いちゃったsweat01

ワタシったら・・・ダメよ。ダメ、ダメぇ~んhappy02

 

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 町村議会の広報 | トップページ | お役所研修アンケート結果「あるある」ワースト3 »

動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 町村議会の広報 | トップページ | お役所研修アンケート結果「あるある」ワースト3 »