« 読んでもらえる文章の書き方 | トップページ | 「ほうれんそう」ができない症候群 »

「もっと見る」はクリックしない

フェイスブックでは、改行が5行以上になると、
「もっと見る」と端折られてしまいます。

つまり、ワープロソフトで言うところの
改行マークが4個まで・・・ということです。

では、それ以上、長い文章は読まれるのでしょうか。

結論から言うと、「文章が上手ければ読まれる」でしょう。

5行でアイキャッチ&心をつかむことができれば、
「もっと見る」はクリックされます。
あるいは、「信頼関係」です。
「この人は、面白いことを書いているに違いない」
「この人は、タメになることを書いているに違いない」
という期待から、「もっと見る」をクリックすることになります。
 
でも、フェイスブックをはじめとするソーシャルメディアは、
コミュニケーションツールです。
「ソーシャルメディア」を直訳すれば、「社会的媒体」。
特にフェイスブックは、社交辞令の世界とも言えます。
つまりsign01
人によっては、読みもしないで
「いいね」をすることもあるわけです。
 
「いいね」や、シェアの数を競う人も少なくないですが、
そもそも、その目的はなんですか?
数だけ増えれば、目的は達成できますか?
「いいね」が、売り上げに直結していますか?
「いいね」をしてくれる人が、あなたのために、
他に何をしてくれますか?
 
フェイスブックの「いいね」、ツイッターのフォロワー、
アメブロの読者登録・・・
100件と1000件ではさすがに違うでしょうが、
コミュニケーションって、数を競うものですかね???
 
私は「もっと見る」は、まずクリックしません。
「シェアお願いします」投稿は、まずシェアしません。
ひねくれモノでしょうかsign02

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 読んでもらえる文章の書き方 | トップページ | 「ほうれんそう」ができない症候群 »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

face book」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読んでもらえる文章の書き方 | トップページ | 「ほうれんそう」ができない症候群 »