« ワタシ宛てのラブレター、大暴露! | トップページ | 「やさしい日本語」に見る理解しやすい構文 »

法務部の「伝わる」文章術

ビジネス法務』11月号が届きましたshine

Dsc_5642

特集1は、【法務部の「伝わる」文章術】。

私はその中のコラムを書かせていただきました。

Dsc_5645

コラムのタイトルは、「なぜ法務部員・弁護士の文章は理解しづらいのか?」。

ここで概要をご紹介しちゃいますnote

法務部・弁護士など、法律に精通している人の書く文章は、顧客にとっては理解しづらい。

それは、法令文のルールで書いているからだ。

顧客、つまり法律の知識がない人は、法令文のルールも知らない。

ルールを共有していなければ、言葉は伝わらない。伝わらなければ、事務効率だけでなく、好感度も低下し、業務に支障をきたす。

そこでここでは、法令文と一般の文章のルールがズレている例を挙げ、客観的基準に基づいて、顧客に伝わる文章の書き方を提案する。

 

このほか、企業や行政の法務担当の方に役立つ情報満載ですflair

『ビジネス法務』の詳細は、中央経済社さんのサイトでご覧ください。

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« ワタシ宛てのラブレター、大暴露! | トップページ | 「やさしい日本語」に見る理解しやすい構文 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワタシ宛てのラブレター、大暴露! | トップページ | 「やさしい日本語」に見る理解しやすい構文 »