« 言語学の「論文・研究用」ネタおまとめ | トップページ | 2013年のありがとう »

『お客様が集まる!士業のための文章術』発売!

お客様が集まる!士業のための文章術』(小田順子著/翔泳社)、発売!・・・のお知らせです。

Sigyo

すでにAmazonでは、「ビジネス文書」のカテゴリで、ベスト10入りshine
 
しかしsign01
ネット上に詳しい情報はありません。
そこでここでは、もうちょっと詳しい目次と「あとがき」をご紹介しちゃいますnote

■あとがき

 私の父は、宅地建物取引主任者で、行政書士でした。

 といっても、資格を取ったのは、定年退職してからです。定年後、嘱託で勤めていた会社で、年寄り扱いされたことが悔しくて、「資格を取って、認めさせてやりたい」と思ったそうです。
 父は法学部出身です。ある程度、法律の知識はあったので、宅建主任の試験にはすぐに合格しましたが、行政書士試験にはなかなか合格しませんでした。足を引っ張っていたのは「作文」です。そこで、私が父の作文を添削し、アドバイスをしました。すると、たった1回で、父の作文は見違えるようによくなりました。
「どんな裏技を使ったのか」
と、専門学校の先生にビックリされたくらいです。
 それからまもなく、父は行政書士の資格を取り、亡くなるまで、「まちの法律家」として活躍しました。
 
 
 父は、私を法律家にしたかったようです。大学を受験するとき、「文学部には行かせない」と言われました。「文学なんて、くだらない。学ぶ価値がない。学問ではない」と。
 そんな父も、私の作文指導を体験して、言葉の大切さを感じてくれたかもしれません。
 
 私は、法律家にはならなかったけれど、法令文の構文や法廷での談話(ディスコース)に興味があります。言語学を修める私にとっては、最も興味深い研究対象のひとつです。
 
 
 私の研究成果が、士業の先生方のお役に立つように、ひいては国民の皆さんのお役に立つように、今後も研究を深めていきたいと思っています。
 本書が、少しでも先生のお役に立ったようであれば、天国の父もきっとほめてくれると思います。最後までお読みいただき、ありがとうございます。心から感謝します。

2013年9月 小田 順子

■目次

第1章 デキる士業の文章術
  1. 法律で定められているから変えられません!
  2. 敏腕税理士の図解テクニック ―お客様への説明文書
  3. 人気FPの「コトバ力」 ―ウェブサイトでの説明文章
  4. 行政書士は文章力が武器 ―許認可申請書類
  5. 元公務員の社労士の資料作成法 ―助成金の申請書類
  6. 頼れる司法書士の「翻訳」力 ―定款作成
第2章 お客様が理解できる文章の書き方
  1. 「やさしく書け」とは言うけれど…
  2. 漢字を少なくするためのテクニック
  3. 「密室の恋」ってなんですか?
  4. その言い回し、カンジ悪い!
  5. 短く書くって何文字?
  6. 箇条書きの作り方
  7. 「及び」「並びに」は使わない
  8. 「若しくは」「又は」も使わない
  9. なぜあなたの書く文章はわかりにくいのか ―ビジネス文書のカン違い
  10. 論理的な文章の書き方
  11. お客様が納得する文章の書き方
  12. 使っちゃいけない接続詞
  13. わかりやすい文章の構成方法
  14. 見出しのつけ方
  15. 誰でもできる「文章を見やすくする方法」
第3章 わかりやすいメールで効率&好感度アップ
  1. 文章センス不要! 伝わるメールの書き方
  2. 伝わるメールを書くコツ ―ゴールを明確にする
  3. 見やすいメールは理解しやすい
  4. 「部分引用」のススメ
  5. スレッド表示でやり取りを「見える化」する
  6. こんなメールは仕事をなくす
  7. こんなメールがお客様を怒らせる
  8. 語尾を変えただけで好感度アップ!
  9. メールはレスポンスが命
  10. メールを使うかどうかの判断基準
  11. 個人情報漏えいの落とし穴
  12. メール処理の効率化
第4章 問い合わせがアップするウェブ文章の書き方
  1. 士業の肩書きだけじゃあ、売れません!
  2. サイトの目的を明確にする
  3. プル型とプッシュ型を使い分ける
  4. サイトの文章を変えただけで問い合わせが倍増!
  5. サイトもやっぱり見た目
  6. 使いやすいサイト ―ユーザビリティ
  7. ワンランク上のサイト
  8. サイト制作会社に依頼するときの注意事項
  9. ブログ?メルマガ?ソーシャルメディア?
  10. 売れっ子士業のソーシャルメディア活用術
  11. ソーシャルメディアの作法
第5章 士業なら知っておきたい文章のルール
  1. 法令文・公用文と広報文の違い
  2. 「お役所言葉」の七不思議
  3. 間違えやすい敬語
  4. 知性を疑われる?! ―間違えやすい語彙
  5. 差別語・不快語
  6. 句読点、記号の使い方
  7. 効率的な校正方法 ―ワープロソフトを使いこなす
  8. 士業の品格
付録:使わないほうがよい言葉の言い換え集

  1. 漢字の置き換え例
  2. 送り仮名(公用文→広報文の置き換え)
  3. 堅苦しい言い回しの置き換え例
  4. 差別語・不快語
 
ということで、士業の先生は、信頼と社会貢献のお仕事だと思っています。私は。
儲けることも大切ですが、それだけではないんじゃないかと。
賛同していただける先生は、ぜひ、本書をご笑覧くださいませflair

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

|

« 言語学の「論文・研究用」ネタおまとめ | トップページ | 2013年のありがとう »

セミナー・イベント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言語学の「論文・研究用」ネタおまとめ | トップページ | 2013年のありがとう »