« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

川端康成は、お金が欲しくて“雪国”を書いたのか

子どもの頃、大好きな先生がいました。
先生が教えると、どんな子でも
算数がわかるようになりました。

その評判は、インターネットなんて使っていなかった時代、
まさにクチコミで、どんどん広がりました。

次々と生徒が入塾し、あちこちに支部ができ、
先生の塾は大きくなりました。
先生は、「先生」ではなく、「経営者」になりました。

でも、先生は、そんな状態に疑問を抱きはじめます。

続きを読む "川端康成は、お金が欲しくて“雪国”を書いたのか"

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »