« 「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ | トップページ | 研修・講演会のアンケートの作り方 »

好感の第一印象作りのコツ ―対人関係の心理学

やっぱり、第一印象が大事なんですよね。人って。

で、第一印象って、基本的には「顔」ですよね。
これで怖くない!公務員のクレーム対応術』にも書いたんですけど、顔の印象から受ける「ステレオタイプ」って、やっぱり、あるようですよ。

例えばワタシの顔。

フォト

「ブス!」とか、「おばはん!」とかいう話じゃなくてねcoldsweats01
もっと、学術的な評価・・・ステレオタイプのお話。

例えばね、私の顔は、「面長」なわけです。
「ウルトラの母」的なsign02

で、おでこが広い。
目は、小さくはないかな。
鼻は・・・高くはない。大きくもない。

それが、初対面の人に対して、ステレオタイプ的な、つまり「この人は、こういう性格の人だ」って印象付けちゃうことが、けっこうあるわけですよ。

実際、学者さんの実験結果があるんです。

例えば・・・

面長・・・知的

額(ひたい、おでこ)が広い・・・
分別のある、責任感のある、外交的な

あ、いいじゃんshine

 

でも・・・私の目は「上がり目」なので、

上がり目・・・
無分別な、短気な、感じの悪い、不親切な、親しみにくい

というイメージがあるようですsweat02

ま、年をとれば、目じりも下がってくるでしょうけどcoldsweats01

 

でも私ね、最近、いいダイエット法を知って、痩せたんです。

太っている・丸顔・下がり目・・・
心の広い、気長な、知的でない

 

ありゃ。痩せているのと太っているのと、どっちがいいんだか、わからないぞ・・・sweat01

 

とにかく心理学的には、人の外見で決めつけてしまう性質・・・ステレオタイプというものがあるそうで。

とはいえ、特に女性の場合は、化粧とか服装でカバーできるわけで・・・

 

っていうか、よく調べたら、これって40年くらい前の実験結果でした。

flair相貌と性格の仮定された関連性-1-対をなす刺激人物の評定値の比較による検討(国立情報学研究所の、論文検索システムに会員登録をしている人だけが見られるPDFファイルへのリンク)

 

時代が違えば、ステレオタイプもずいぶん違うよね、きっと。

・・・と、私は心理学の専門家ではないので、逃げる。
最新の研究成果、ないのかな・・・。

 

太ってもいいのか・・・と、都合よく解釈して、夜中に食べてしまったワタシより、そんな私を許してくれるあなたへ、愛をこめて。

 

(出典:『瞬間情報処理の心理学』)

 

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

 


 

|

« 「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ | トップページ | 研修・講演会のアンケートの作り方 »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ | トップページ | 研修・講演会のアンケートの作り方 »