« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

【気になる言葉】若者言葉?東京方言?

若者言葉なのか、それとも東京地方限定の方言なのか・・・

気になる言葉を、Twitterに投稿しました。
2013年6月27日のTweet一覧です。

続きを読む "【気になる言葉】若者言葉?東京方言?"

| | コメント (0)

【理解しやすい文章の書き方】人間の認知特性に配慮する

「理解しやすい文章の書き方」のTipsを、Twitterに投稿しています。

今日は、2013年6月16日のTweet一覧です。

続きを読む "【理解しやすい文章の書き方】人間の認知特性に配慮する"

| | コメント (0)

誰でもできる!メールの「ウマい」書き方

こんなメールの悩みはありませんか。

  • どう書こうかと悩んで、進まない
  • メールの処理に時間がかかって、ほかの仕事が止まってしまう
  • 言いたいことがうまく伝わらず、誤解されてしまう
  • メールの返事がもらえない
  • 好感度の高いメールがさらりと書けない
  • 何度もメールをやり取りしてうんざりする

そんな、悩みをお持ちであれば、
それを解決するいい方法があります。

言いたいことが確実に伝わるメールを
書くにはコツがあるのです。

それは・・・

一定のルールに従ってメールを処理すること

です。

実際、こんなことがありました。

続きを読む "誰でもできる!メールの「ウマい」書き方"

| | コメント (1)

研修・講演会のアンケートの作り方

社内研修や講演会につきもののアンケート

あなたの職場では、次のどちらのタイプですか。

アンケートタイプA

  • 「講師の話し方は、わかりやすかったですか」
  • 「配布資料は、わかりやすかったですか」
  • 「研修(講演)内容は、役に立つと思いますか」

といった、講師や委託事業者に対する評価を聞くもの

アンケートタイプB

  • 「今日の研修(講演)で、あなたは何を学びましたか」
  • 「今後、どのようなことに気をつけようと思いますか」
  • 「研修(講演)内容を、今後の仕事にどのように取り入れますか」

といった、受講者の気づきや意欲を問うもの

さて、どちらがいいと思いますか。

続きを読む "研修・講演会のアンケートの作り方"

| | コメント (0)

好感の第一印象作りのコツ ―対人関係の心理学

やっぱり、第一印象が大事なんですよね。人って。

で、第一印象って、基本的には「顔」ですよね。
これで怖くない!公務員のクレーム対応術』にも書いたんですけど、顔の印象から受ける「ステレオタイプ」って、やっぱり、あるようですよ。

例えばワタシの顔。

フォト

「ブス!」とか、「おばはん!」とかいう話じゃなくてねcoldsweats01
もっと、学術的な評価・・・ステレオタイプのお話。

例えばね、私の顔は、「面長」なわけです。
「ウルトラの母」的なsign02

で、おでこが広い。
目は、小さくはないかな。
鼻は・・・高くはない。大きくもない。

それが、初対面の人に対して、ステレオタイプ的な、つまり「この人は、こういう性格の人だ」って印象付けちゃうことが、けっこうあるわけですよ。

実際、学者さんの実験結果があるんです。

続きを読む "好感の第一印象作りのコツ ―対人関係の心理学"

| | コメント (0)

「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ

謝罪会見で使ってはいけない言葉

復興庁幹部暴言ツイート:復興相が謝罪 国の姿勢疑う声も

 

復興庁で福島県の被災者支援を担当する水野靖久参事官(45)がツイッターで暴言を繰り返していた問題は、13日の衆院東日本大震災復興特別委員会で根本匠復興相が謝罪。同県の地元自治体などからは「国は腹の中でどう思っているのか」と国の姿勢を疑う声も上がるなど波紋が広がった。

◇復興相「深くおわび」

「発言が事実とすれば国家公務員として不適切で、関係者に不快な思いをさせたのなら率直におわびしたい」。根本復興相は復興特別委で、沈痛な表情で頭を下げた。

毎日新聞 2013年06月13日 11時45分(最終更新 06月13日 12時45分)

確かに、沈痛な表情は良かった。

日本プロ野球機構が、統一球に関する事実を公表していなかった件で、加藤良三コミッショナーが行った会見(6月12日)よりはマシです。

「自分は知らされていなかった」、「不祥事を起こしたとは思っていない」と勝ち誇ったように言う、あの表情はまずいです。

「沈痛な表情」で、まずは「ごめんなさい」をするべきです。
組織の広報担当は、何もアドバイスをしなかったのでしょうか。

ダルビッシュ選手にも指摘されてますが、「自分に非はない」ことを強調しても、解決策にはつながらないし、誰も得をしない。

「名前は入れるけど、自分に責任はない」のであれば、広告費を払うべきでは(笑)

と、それはさておき、復興庁のお話に戻ります。

続きを読む "「復興庁幹部のツイッター暴言」に見る、言葉のチカラ"

| | コメント (0)

【理解しやすい文章の書き方】バイト敬語は嫌だ

「理解しやすい文章の書き方」のTipsを、Twitterに投稿しています。

今日は、2013年6月7日のTweet一覧です。

続きを読む "【理解しやすい文章の書き方】バイト敬語は嫌だ"

| | コメント (0)

【理解しやすい文章の書き方】敬語は最小限に2

「理解しやすい文章の書き方」のTipsを、Twitterに投稿しています。

今日は、2013年5月30日のTweet一覧です。

続きを読む "【理解しやすい文章の書き方】敬語は最小限に2"

| | コメント (0)

試験やテストの不安から解放される言葉

  • 次の試験、失敗したらどうしよう・・・
  • テスト中にお腹が痛くなったりしたらどうしよう・・・

そんな不安を感じることはありませんか。

 

ついつい、悪い結果を想像してしまったり、
「失敗しませんように」なんて祈ってみたり。

脳科学や心理学などの本を読むと、
それはイケナイことのようです。

悪い状態を指す言葉を口にしてはいけない、
というようなことが書かれています。

それはどうやら、その悪い言葉が、
自分の潜在意識に、くり返し、くり返し、
働きかけてしまうから・・・のようです。

  

常に、ポジティブな良い言葉を使い、
文章は肯定形にするのが成功の秘訣!

なぁんて、教わったこともありますが・・・
それって、なんだか疲れるんですよね・・・
私がダメな奴なんでしょうか・・・coldsweats01

 

でもっsign01

「言語心理学」の書籍を読んでいたら、それとは逆で、
私に向いていそうな、「書く」方法があったので、
あなただけに、教えちゃいます~note

Csms_writer

続きを読む "試験やテストの不安から解放される言葉"

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »