« 文章力向上の近道 | トップページ | 正論がクレームを招く!? »

小説を読むのは悪いこと!?

私が文字の読み書きを覚えたのは、
小学校に上がってからです。
(今の時代では珍しいことかも・・・)

ある程度、文章も読めるようになると、
父が本を買い与えました。

そのとき読んだ本は、

  • 織田信長
  • 豊臣秀吉
  • 徳川家康
  • 野口英世
  • ヘレンケラー
  • キュリー夫人
  • シュバイツァー
  • コッホ(ゴッホじゃないですよ)

・・・伝記ばかりです。

それでも、理解はできたし、感銘も受けた。
どんな人なのか、どこがすごいのかを
父に一生懸命、話したかもしれません。

「この子は頭のいい子だ」
・・・と早とちりをした父は、もっと本を買い与えるよう、
母に指令を出しました。

 

でも母は、父の意図したことがわかっていなかったんです catface

母に買い与えられたのは、『若草物語』と『赤毛のアン』でした。
おそらく、「名作」という言葉に惹かれたのでしょう。

いや、おもしろいのなんのって。
夢中で読みふけりました。

 

でもね、母は後で父に叱られていました。

「文学なんか、役に立たん。くだらない」

それが父の口癖です。
大学に進学する時も、文学部はNG。

「大学にまで行くのなら、世の中の役に立つことを学びなさい」

父の言う、「役に立つ学問」とは、

  1. 法律
  2. 政治
  3. 経済

の順でした。
(理系科目は・・・???)

 

ともかくも、小説の類を読むことは、「悪いこと」。
マンガと同様、「くだらない」。「時間の無駄」。
これが父の考え方でした。

 

今、ちょうど当時の父と同じくらいの年齢になった私は、
ようやく自由に小説を読むことができるようになりました。

大学院の試験が終わるまで封印していた小説も、
一気に読んじゃったnote

Dsc_0181


でもね、やっぱり「学問」にはしたくないかな。
「おもしろかったー」とか「あー、あるある!」とか思ったり、
号泣したり、思わず吹き出したりしながら読む。
・・・論じたくはないんだなー coldsweats01

4月から、大学院博士課程人文科学科
「日本文学専攻」の学生ですけどね(笑)

 

今はあまりないけど、いつかは、「言語学専攻」が
どこの大学・大学院にもあるようになるといいな。

sign01
それに貢献できるような研究ができるといいかもflair

 

 

 

ぽちぽちっと応援クリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

   

|

« 文章力向上の近道 | トップページ | 正論がクレームを招く!? »

大学院(修士課程・博士後期課程)」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文章力向上の近道 | トップページ | 正論がクレームを招く!? »