« 初夢で私は○○○になった | トップページ | 文末に「よ」をつける? 「ね」をつける? »

「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方

面と向かって話すのと違い、メールや文章だと、
表情や声色が伝わりません。

そのため、普通に書いたつもりが、
「冷たい」とか、「感じ悪い」と受け止められてしまうことも。

そこでsign01文末(語尾にあたる部分)に絵文字を使うと、
やわらかく、あたたかい印象を与えることができます。

 

でも、携帯メールならともかく、PCメールではちょっと・・・。

そんなときは、文末に「ね」をつける。

・・・と、『言いたいことが確実に伝わる メールの書き方』(明日香出版)に書いてありましたよねgood

 

でも、一見、当たり前のことのようでいて、実は、本当にそうなのかどうかはわかりませんよね。

  • 絵文字を使うと、やわらかくあたたかい印象を与えることができる
  • 絵文字を使うと、相手が肯定的に受け止める
  • 文末に「ね」があると、やわらかくあたたかい印象を与えることができる

それを裏付ける実験を見つけました。

【1】メール音読実験

この実験は、文字だけのメール(例:オッケー)と、
絵文字入りのメール(例:オッケーcat)を用意し、
実験参加者に音読してもらうものです。

それを録音したものを解析した結果、
絵文字入りのほうが、基本周波数が高く、
音読している時間も長かったのです。

「基本周波数が高い」ということが、
何を意味しているのかというと、
「肯定的な態度で、音読している」
ことを表すのだそうです。

例えば、「オッケーcat」の「cat」には、
さほど深い意味はありませんが、それでも、
なんとなく肯定的に受け止められるんですね。

【2】アンケートによる主観的評価

もうひとつ、絵文字入りのメールと、文字だけのメールの
印象に関するアンケート調査をした実験があります。

アンケートの内容は、次の項目に対して、
7段階で評価してもらうものです。

  1. あたたかみ:あたたかい~つめたい
  2. やわらかさ:やわらかい~かたい
  3. テンションの高さ:テンションが高い~低い

例えば、

  • 非常につめたい
  • つめたい
  • ややつめたい
  • どちらともいえない
  • ややあたたかい
  • あたたかい
  • 非常にあたたかい

といった7段階です。

この結果、次のことがわかりました。

  • 文字だけのメールでは、終助詞の「ね」があると、「やわらかい」、「あたたかい」と評価される
  • 絵文字入りのメールでは、終助詞の「ね」がなくても、「やわらかい」、「あたたかい」と評価される
  • 暖色系の絵文字を使うと、「あたたかい」はもちろん、「やわらかい」、「テンションが高い」と評価される

おもしろいですよね~

なんとなく、うすうす感じていたことも、きちんと実験して検証する。客観的にとらえ直す。根拠を示す。
・・・・・・研究者を尊敬します。

 

ちなみにこれは、『認知言語学論考10』(ひつじ書房)の「絵文字は何を伝えるか―携帯メールにおける絵文字のパラ言語的機能とテクストの構造化」(久保田ひろい)からご紹介しました。

これ、修士論文なんですってsign03
すごいcoldsweats02

ということで、論文なので、難しいです。
だから、かなり端折って、おおざっぱにご紹介しました。

久保田さん、私、スッキリしましたnote
ありがとうございます~happy01

  

ぽちぽちっと励ましクリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

  

|

« 初夢で私は○○○になった | トップページ | 文末に「よ」をつける? 「ね」をつける? »

ビジネスメール」カテゴリの記事

大学院(修士課程・博士後期課程)」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夢で私は○○○になった | トップページ | 文末に「よ」をつける? 「ね」をつける? »