« 「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方 | トップページ | 「将来の夢」への第一歩を踏み出します »

文末に「よ」をつける? 「ね」をつける?

「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方」という記事で、

メールの文章で、文末に「」をつけると、やわらかく、あたたかい印象になる

ということを裏付ける実験をご紹介しました。
今日はその続きです。

なぜ、やわらかく、あたたかい・・・つまり、好印象になるのか。

 

これは、文末につける「」と「」を比較してみると、よくわかります。

例えば、次の2つの文はどんな状況でしょうか。

one今日はいいお天気だ

two今日はいいお天気だ

いろいろな状況が考えられると思いますが、oneは、

  • 話し手は、「いいお天気だ」ということを知っている。「いいお天気だ」と確信している
  • 「聞き手がいいお天気だということを知らない」と、話し手は確信している

ってことですよね。

「いつまでも寝てないで、起きなさいよぉ~sign01ほら、今日はいいお天気だよnoteどっか行こうよぉhappy02

だったりとか、

「え~、そっちは雪なのsign02東京はいいお天気だよ~」

とか。

 

ところがtwoは・・・恋人同士が手をつないで歩いている感じ。
あるいは、親子でピクニック。
はたまた、待ちに待った体育祭の日を迎えたクラスメートとか。

つまり、

  • 話し手は、「いいお天気だ」ということを知っている
  • 「聞き手も、いいお天気だということを知っている」と、話し手は思っている
  • でも、「聞き手がいいお天気だと思っている」かどうか、話し手は確信していないので、確認し、同意を求めている

ってなニュアンスで「ね」を使っているんですね。

これを、言語学者の先生が、次のように分析しています。

  1. 」は、話者が排他的に管理する準備があることを示す命題につくマーカーである
  2. 」は、話者が排他的に管理する準備がないことを示す命題につくマーカーである

『日本語語用論のしくみ』(町田健編・加藤重弘著/研究社)より

sign02 急にわけわかんなくなってきましたかcoldsweats01

要するに、(おおざっぱに言っちゃえば)

  • 」をつけるからには、自分が確信を持っている情報を伝えているし、だからその根拠もちゃんと説明するつもりはある
  • 」をつけるときには、断定的じゃなくて、相手が否定・拒否する余地も残している

ってことですねflair

その、「断定的じゃなくて、相手が否定・拒否する余地も残している」ってところが、日本人的な発想とか、文化とかになじむといいますか・・・

~してください

という命令形で書くんじゃなくて、

~していただけますか

と、疑問形で、相手が否定・拒否する余地も残しつつ、お願いする奥ゆかしさと言いますか。

 

日本語は、奥ゆかしくて、奥深くて、ステキですねshine

  

ぽちぽちっと励ましクリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 



 

|

« 「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方 | トップページ | 「将来の夢」への第一歩を踏み出します »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「やわらかい」、「あたたかい」と評価されるメールの書き方 | トップページ | 「将来の夢」への第一歩を踏み出します »