« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

福井の地酒

引き続き、旨いもん自慢をしちゃいますflair

Fukui2012_2_1

これ、「生白子」です。
普段、召し上がっている
「白子ポン酢」とちょっと違いませんか。

だって、生ですものcatface

続きを読む "福井の地酒"

| | コメント (0)

今年の福井「食い倒れ」ツアー

毎年、11月6日以降、福井に行くんです。
なんでって・・・カニ漁解禁noteだからですよ~

今年は大勢で行ってみましたheart02
このブログの愛読者なら、
開高丼」はご存じですよねsign02

Fukui2012_11

セイコカニの説明を飛ばして、次に行きますよcatface

続きを読む "今年の福井「食い倒れ」ツアー"

| | コメント (0)

紅葉を見に、日本三名園のひとつ「偕楽園」へ

出張ついでではありますが、
日本三名園のひとつ、
「偕楽園」(茨城)に行ってきました。

Dscf5601

ちょうど、紅葉が見ごろだったようです。

続きを読む "紅葉を見に、日本三名園のひとつ「偕楽園」へ"

| | コメント (0)

納豆の塩辛って食べたこと、あります?

なんだろう・・・と、恐る恐る頼んだ「納豆の塩辛」。
こんなdownwardleftかわいい容器に入って出てきました。

Mito9

中身はね、こんなdownwardleft感じ。

Mito10

納豆とイカの塩辛を和えたものじゃありません。
(そういうレシピもありますが)

ネバネバの納豆は納豆菌で作りますが、
納豆塩辛は味噌と同じで麹で作るもの(だそうです)。
味も味噌っぽくて、つまみにいいのよ~note

そうそう、なんたって、本場に行ってきたからねsign01
水戸駅に降りてビックリdownwardleft

46059_438962316160750_646061353_n

 

続きを読む "納豆の塩辛って食べたこと、あります?"

| | コメント (0)

3.11を忘れない ―クローバーの花

取材で訪れた陸前高田市。

津波が何メートルかを聞いても、
それがどれだけの破壊力があるのかはイメージできない。
どんな事態に陥るのか、想像できない。

 

ここまで船が流されたのか、とか、

Dscf5519

 がれきがまだ、こんなに残っているのか、とか、

Dscf5536

Dscf5544

線路が途中でなくなっちゃってるな、とか、

Dscf5545

建物が、被災したそのまんまなんだな、とか、

Dscf5532


Dscf5529

それでも、そこにたくましい命があるんだな、とか。

そのくらいしかわからない。
 

でも、これを一人でも多くの人に伝えなければならない。

続きを読む "3.11を忘れない ―クローバーの花"

| | コメント (0)

【東日本うまいもんツアー】3 盛岡

取材で、東日本大震災の被災地ツアーに行ってきました。

私なんて、金も力も智恵もないからさ、
とにかく、泊まって、食べて、飲んで。

元気出そうぜ!ニッポン!第3弾。
今日は盛岡~!

Dscf5559

これ、宮古産の白子ですnote

続きを読む "【東日本うまいもんツアー】3 盛岡"

| | コメント (0)

【東日本うまいもんツアー】2 陸前高田

取材で、東日本大震災の被災地ツアーに行ってきました。

私なんて、金も力も智恵もないからさ、
とにかく、泊まって、食べて、飲んで。

元気出そうぜ!ニッポン!第2弾。
今日は陸前高田だい!

Dscf5549

続きを読む "【東日本うまいもんツアー】2 陸前高田"

| | コメント (0)

【東日本うまいもんツアー】1 気仙沼

取材で、東日本大震災の被災地ツアーに行ってきました。

私なんて、金も力も智恵もないからさ、
とにかく、泊まって、食べて、飲んで。
元気出そうぜ!ニッポン!

Dscf5512

続きを読む "【東日本うまいもんツアー】1 気仙沼"

| | コメント (0)

うなぎと飛騨牛、食ったどーーー!!!

岐阜県の関市に行ってきたんですよ。
お仕事でね。

で、必ずおいしいものを頂いちゃうわけです。
例のごとく。

Seki2

関と言えば、ウナギnoteなわけです。

続きを読む "うなぎと飛騨牛、食ったどーーー!!!"

| | コメント (0)

短い文に心をこめて

岐阜県の関市役所で、「わかりやすい文書作成講座」を実施しました。

Seki

参加者は、各課の文書主任
つまり、課の発出する文書に対して責任を負う方々です。

これは、

市民に、情報をわかりやすく伝えたい

という市の強い想いがあって、実現した講座です。

続きを読む "短い文に心をこめて"

| | コメント (0)

返信メールのタイトルは変えるべき?

いただいたメールに返信するとき、

「Re:○○会へのお誘い」

のように、タイトルに自動的につく「Re:」。

 

「これは失礼だから取るべきだsign01

という方もいらっしゃるようですが、
ちっとも失礼ではないと思います。

むしろ、勝手にタイトルを変えられてしまうと、
自分が送ったメールへの返事だということが
わかりにくくなります。

 

また、

「【株式会社ことのは本舗 小田順子】Re:○○会へのお誘い」

と、名前や所属を入れると親切sign01

 

という方もいらっしゃいますが・・・

続きを読む "返信メールのタイトルは変えるべき?"

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »