« 『現代の図書館』が届いた♪ | トップページ | 目からウロコが落ちる音 »

勝ち逃げの女王

勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4』(垣根涼介著/新潮社)を読みました。

189562_403319843058331_1449579899_n

いや、喉の小骨が取れたような、
長年、心に刺さっていた棘が抜けたような。

 

Amazonの内容説明では、

大ヒット痛快お仕事小説第四弾!
業績の悪さを、景気のせいにしていませんか?

なんて書かれている。

なにより、帯がいいじゃぁありませんか。

どんなに時代が悪くても、仕事を頑張る人がいる

 

本書には、次の4つの短編が収録されています。

File 1「勝ち逃げの女王」
File 2「ノー・エクスキューズ」
File 3「永遠のディーバ」
File 4「リヴ・フォー・トゥデイ」

いずれもかなり読みやすい文章ですが、
ちょっと難しかったのが「永遠のディーバ」。

何が言いたいんだろう?
この人、結局どうするんだろう?
なんでこの人が登場するんだろう?

そんな疑問を抱きながら読み進めていたところ、
最後にガツンと来ましたね。


自分はどうありたいのか。
何を表したいのか。
何を、どう伝えたいのか。

それを真摯に見極め、追求していく気持ちの強さ。
それこそが才能なのだ。

また、その気持ちが強ければ強いほど、
培ってきたテクニックも凄みを増す。


 

・・・そうだ。・・・そうなんだ。

なんだか、モリモリ元気が湧いてきました。
ありがとうshine

 

「ノー・エクスキューズ」はまた、
別のところでネタにしようっとcatface

 
 

ぽちぽちっと励ましクリックしてくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 『現代の図書館』が届いた♪ | トップページ | 目からウロコが落ちる音 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『現代の図書館』が届いた♪ | トップページ | 目からウロコが落ちる音 »