« 再び助詞の「は」と「が」について | トップページ | ゴールデンウィークは読書三昧♪ »

ローマ法王に米を食べさせた男

ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』(高野 誠鮮著)読了。

過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。(Amazonより)

この高野氏の経歴がまたおもしろい。

科学ジャーナリストであり、テレビの企画・構成作家でもあった。
「11PM」や「プレステージ」などを手掛けた後、羽咋市役所の臨時職員になるんですね。
その働きが認められ、5年後には正職員に。
さらに僧侶でもある。

 

仏教思想に、「山川草木悉有仏性(さんせんそうもくしつうぶっしょう)」というものがあるらしいです。
これは、「生きとし生けるもの、どんなに悪いような昆虫や動物であっても、実は生まれてくる理由はちゃんとあるし、存在意義があるんだという考え方」だとか。

よく「虫が食っている野菜は新鮮で安全」なんて言われますが、それは違うんだそうです。
腐ったものにはハエがたかるように、虫が食べるのは人間が食べてはいけないもの。
「これ、食べちゃいけないよ」と人間に警告してくれているんだ、と高野氏は言います。

日本は歳入48兆円で、そのうち28兆円も医療費を払っている。
それは、よくないものを食べているからだ、とも。

農薬、化学肥料、除草剤を一番使っているのは日本。
こんな小さな島国で、これは異常だと指摘します。

 

なるほどねー。
都会育ちの私にとっては目からうろこです。

もうひとつ、驚いたのは、海外にまでニュースリリースを流しちゃうこと。
いやー、役所の職員時代に、そこまでは思いつかなかったな~
参りました。

Amazonには、

これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!

なんてことも書かれてますよ。

 

やはり民間出身ですから、「給料の3倍分の仕事をすべきだ」ともサラッと書いています。
これを言うと、怒る公務員が結構いるんですよね。
「役所と民間は違うannoy」ってね。

こんな時代に、「できない理由」ばかり探すの、やめたらどうですかね。
「どうやったらできるか」を一緒に考えませんか。

 

Book120504

「役に立つ所」と書いて「役所」。
「役に立つ人」と書いて「役人」。

私はこの5年間、「役所屋本舗」というチーム名で仕事をし、本当の「役人」になる道を模索してきました。

役に立ってこその役人じゃないですか

『ローマ法王に米を食べさせた男』には、この言葉が3回も出てきます。
鳥肌立ちました。

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ  「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 再び助詞の「は」と「が」について | トップページ | ゴールデンウィークは読書三昧♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

行政・自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び助詞の「は」と「が」について | トップページ | ゴールデンウィークは読書三昧♪ »