« 「等」の乱用はクレームを招く | トップページ | 「日経TRENDY」の【おとなの “メール日本語”】を監修しました »

拙著が、新番組「日本語を知らない日本人」の原案になりました!

読売テレビで放送されていた、「日本人の知らない日本語」というドラマdownwardleftをご存知でしょうか。

2012aprilfool

これは、2010年7月から、9月末まで放送されたもの(全12回)です。

自分自身の日本語があやしい、渋谷のカリスマ店員ハルコが「日本語教師」になって、外国人に日本語を教えるという設定で展開するストーリー。

原案は、私の大好きな日本人の知らない日本語 です。

いや、この本、めっちゃ笑えるんです。
日本語の勉強にもなる。必読書です。

 

で、その第2弾として、今度はナントsign01
拙著を原案としたドラマを
制作することになりましたshine

 

タイトルは、「日本語を知らない日本人」(仮題)。
今度は役所のお客様相談室が舞台です。
(役所では「広聴」と呼ばれているセクション)

役所の常識と世間の常識のズレ、言葉の解釈の違いで、
信じられないすれ違いや、深刻な問題が起きる・・・
おもしろくて、役に立つ内容となっています。

 

私は「接客の日本語」&「お役所言葉」の専門家として、
企画段階からかかわり、台本の文章チェックも担当します。

行政だけでなく、大手企業のカスタマーセンターや
広報部門を支援してきた実績が買われたsign02ようで・・・。

いや~、今年はまた忙しく、楽しくなりそうです。

 

まだ、キャストなど詳しいことは書けませんが、
オンエアーは7月の予定です。

乞う!ご期待shineshineshine

 

おまけ

ハッピーエイプリルフールnote
これは嘘ですbleah

なぜこんな嘘をつくかは、2年前の4月1日の投稿
文章術の本を出版しました」をご覧くださいflair

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ  「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

                     

|

« 「等」の乱用はクレームを招く | トップページ | 「日経TRENDY」の【おとなの “メール日本語”】を監修しました »

ニュース」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「等」の乱用はクレームを招く | トップページ | 「日経TRENDY」の【おとなの “メール日本語”】を監修しました »