« 【おとなの日本語力と古典文法】その1-ウサギ料理がおいしい「カノヤマ」って店 | トップページ | あなたのメール、大丈夫?その言葉、おかしくない? »

【おとなの日本語力と古典文法】その2-日本語だもん。センスがありゃ解けるっしょ!?

文法なんてどうでもいい。
古文なんて、日本語のセンスがあれば解けるでしょ。
日本人なんだし、できない奴がバカなんじゃない?
クソ真面目に助動詞の接続とか覚える奴って、笑っちゃう!

そんなあなたのために。
いや、「そんなことないもん!」と思うあなたのために。

 

今日は、「父親が国語の先生」という
小野君に問題を出してみました。
以下、にゃんこ先生catと小野君shadowの会話。

cat「日くるらむ」を訳してみて。

shadow「日が暮れるだろう」

catじゃあ、「日やくれなむ」。

shadow「日が暮れるだろう」

catそれじゃ、さっきと一緒じゃない。

shadowじゃあ、「日が暮れてしまうだろう」

cat「てしまう」はどこから出てきたの?
 品詞分解して!

shadow日、や、暮れ、なむ

cat「なむ」ってなあに?

shadow助詞!

catじゃあ、「や」は?

shadow係助詞!

cat結びは何形だっけ?

shadowうーんと・・・

cat連体形だったよね?
 「なむ」は助詞って言ってたけど、連体形?
 助詞って活用する?

shadowあ、おかしいか。う~ん、わかんないよ。

catじゃあ、「日くれななむ」は?

shadow「日が暮れてしまうだろう!あぁ・・・」

cat真面目にやれ!

shadowだってわかんないんだもんっ!

 

「現国や古文の問題なんて、文法とか勉強しなくても、何となく解けちゃう」(なんたって、有名県立高校トップだし、俺って天才だからcatface)と言っていた小野君、全問不正解です。

では、解説しましょう。

日くるらむ

日+暮る+らむ

「らむ」は、現在の目に見えないことの推量。
「ダロウ」でもいいけど、そこを強調すれば、

(今頃はたぶん)日が暮れ(てい)るだろう

です。

助動詞「けむ」(過去の推量)とセットで覚えるべきものです。

 

はい、次。

日やくれなむ

日+や+暮る+ぬ+む

「や」は疑問・反語の係助詞です。
結びは用言の連体形ですから、
「む」は、意志・推量の助動詞「む」の連体形。
(テストで「終止形」と答えないよう注意)

「む」は、主語が何人称かで訳し分けるんでしたね。
ここは、「日」と3人称なので、推量。「ダロウ」と訳す。

「な」は、強意・完了の助動詞「ぬ」の未然形。
訳は「~テシマウ」です。

ちなみに「ぬ」は、ナ行変格活用。
「な、に、ぬ、ぬる、ぬれ、ね」と活用します。

つまり訳は、

日が暮れてしまうだろう

が正解。

 

はい、次。

日くれななむ

日+暮る+ぬ+なむ

「ぬ」は既出。ちなみに活用形は、未然形。

用言の未然形に「なむ」がくっついたとき、
「なむ」は「あつらえ(他者への願望)」の終助詞で、
「~シテホシイ」と訳す。

よって訳は、

日が暮れてしまってくれ

となります。

 

catわかった?小野君。

shadowすげー。入試の古文ってそうやって解くんだ!

cat小野君、第一志望は早稲田の法学部だったよね?

shadowうん。「小田の古文」受けてれば合格ったかもー!

cat「なんとなく」じゃなくて、こうやって
 解いていたら合格ったかもね。
 でも、小野君には無理。

shadowあー、「小田の古文」は、生徒募集人数の
 5倍以上の応募があったんでしょ?

catそういう問題じゃなくて、小野君が受験生の頃、
 私はまだ小学生だから。

 

ちなみに小野君は、昭和31年生まれ。
生まれ変わったら、受験生のときに古文を教えてあげるよ。

・・・お後がよろしいようで。

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ  「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

                   

|

« 【おとなの日本語力と古典文法】その1-ウサギ料理がおいしい「カノヤマ」って店 | トップページ | あなたのメール、大丈夫?その言葉、おかしくない? »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

あがさクリスマス氏の日本初の擬古文解読法の「現代文de学問のすすめ」愛の四つ葉社が最高級!
明治のベストセラーが簡単に読むことができます!
元山形大学理学部教授博士からも推薦されました!

投稿: 会津太郎丸 | 2015/09/03 06:36

古典力を学ぶなら日本初の古典読解法のあがさクリスマスの「現代文DE古文」真珠書院が最適です!
推薦します! 頑張ってください!

投稿: 会津太郎丸 | 2012/11/25 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【おとなの日本語力と古典文法】その1-ウサギ料理がおいしい「カノヤマ」って店 | トップページ | あなたのメール、大丈夫?その言葉、おかしくない? »