« 決して使ってはいけない「地雷語」 | トップページ | すし王国「能登七尾」制覇の野望 [1]幸寿し本店 »

海の見える美術館でガラスの芸術品を見る

石川県能登島のガラス美術館に行ってきました。

2012021613480000

海の見える美術館にうっとり・・・shine

 

ガラスの美術品って、独特の魅力がありますね。
キラキラするものってきれいじゃないですか。
宝石とか、絹織物・・・つまり和服とかnote

でも、今日は新しい発見sign01
いわゆる曇りガラスといいますか、つや消し系?
青白い光を放ち、ひっそりと佇んでいる
ひとつの作品に、目が釘付けになりました。
タイトルは「ひそやかに」。

私なんて芸術的なセンス、ゼロですけど、
これは、「欲しいっっheart04」って思いました。

  

ちなみに、大学時代(役所時代に通っていた大学)、
西洋美術史の先生が、こんなことをおっしゃっていました。

この美術品、1万円だったら買います?
部屋に置きたいと思います?
・・・そんな見方で、美術品を楽しんでください。

おおっsign01なるほどっflairって思いましたね。

「ひそやかに」は・・・そうだな・・・
100坪くらいのリビングがあったら置きたい感じ。
いや、うちにはそんなリビングないし coldsweats01
いや、でも、そんな光景を想像するだけで、楽しいし confident

 

美術館ですから、館内は当然、撮影禁止。
お見せできないのが残念ですが、サイトに
フライヤーがたくさん掲載されていたので、
そちらでお楽しみくださいsign03

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ  「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 決して使ってはいけない「地雷語」 | トップページ | すし王国「能登七尾」制覇の野望 [1]幸寿し本店 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決して使ってはいけない「地雷語」 | トップページ | すし王国「能登七尾」制覇の野望 [1]幸寿し本店 »