« おとなの “メール日本語” | トップページ | 風は吹いている ~被災地へ、そして日本の未来へ~ »

再送!親展!最終通告!

真っ黄色な封筒に、

再送sign01

最終通告
sign03

10日以内に返信必要
sign01sign01sign01

と赤字で書いたAir Mailが届きました。

2012010820510000

 

おおっ!数年前にTVで見たような文言。
意味不明の四文字熟語の羅列sign03

いやこれ、有名な詐欺ですから。
TVで振込先&返信先を徹底追跡していました。

何十億円の賞金があなたに当たったから、
受け取るために、数百万円を振り込め、というもの。
そんなの、みなさんご存知ですよね(笑)

 

しかし、これがまさかうちの家族に届くとはflair
TVで見ていた有名人が我が家に突然現れた感じですshine

 

黄色い封筒に赤い文字sign01というところがいかにもで、
普通は絶対、こういう下品な色遣いをしないと思いますが、
それはさておき、言葉の分析をしますと・・・

「通告」という言葉がいやらしいですね。
何か、法的な根拠がありそうな印象を醸し出しています。

「資格」「回避」「請求」「貴殿」「要請」「受領」
といった単語と、お役所っぽい言い回し。
例えば、

  • 未だ返信が確認できません
  • 本書受領より10日以内に
  • 授与資格が永久に消滅します
  • 資格者本人の責任において
  • 資格喪失の事態を回避する責任があります
  • その責任を一切負いかねます

などなど。

 
 

ここで、以前に読んだ論文を思い出しました。

一見、難解な感じがするが、すべて通常に用いられる単語で構成されていて、語彙の一般的意味は容易に理解できる。

全ての受け手に心当たりがないのは当然である。(中略)受け手はその部分(不明部分→小田補注)を補うことができる具体的な情報の手掛かりを文脈から探ろうとして、文書に興味を持つことになる。

(『メディアと言葉』振り込め詐欺被害における受け手の解釈プロセス-架空請求の場合/中村秩祥子)

なぜ、この言葉で人は動いていしまうのか。
なぜ、この言葉で人は不快に感じるのか。

そういったことを分析するのが私の仕事ですが、
こんなものをタダで分析する筋合もありませんし、
細かい分析はしません。

とにかくも、詐欺であることには違いない。
プラス、詐欺であっても、なんとか注意をひこうと
工夫をしているのですが、それがかえってバカっぽい。

読んでも何をすればいいのかよくわからなかったhappy02

 
 

そもそも適当なリストではなく、ひっかかりそうなリストから
送付対象者をを選べばいいのに。
・・・あ、それもよくないですねcoldsweats01

 

もうひとつ、おもしろいネタがあるのですが、
それはFacebookのノートを使って、
お友達だけに伝えますね~

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ  「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« おとなの “メール日本語” | トップページ | 風は吹いている ~被災地へ、そして日本の未来へ~ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おとなの “メール日本語” | トップページ | 風は吹いている ~被災地へ、そして日本の未来へ~ »