« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

Babylon(バビロン)が嫌いな件

Babylonが嫌いなんですけど・・・ダメでしょうか?

Babylonは、無料の検索ソフト・・・のようです。
でも、検索結果がおかしいんです。

ん?Google、壊れた???
・・・と思ったら、検索窓に変なロゴdownwardleftが表示されていて・・・。

Babylon_logo

なんじゃ、こりゃ?ウィルスにやられた???
と思ってしまいましたよ。

 

私の場合、無料のPDFの作成ソフトをインストールした時に、
Babylonも一緒にインストールしてしまったようです。

気づかずに使っている人もいるかもしれませんが、
私は嫌!この検索結果がイヤ~!

・・・ということで、必死でアンインストールしました。
しかし!これがまた、しぶといのです。

続きを読む "Babylon(バビロン)が嫌いな件"

| | コメント (2)

ソーシャルメディアとのつき合い方

福岡市役所の「ICT啓発職員向けセミナー」でお話をしてきました。

Kouen110822


お題は「ソーシャルメディアとのつき合い方」。
参加者数は約150人です。
次のようなことをお話ししました。

続きを読む "ソーシャルメディアとのつき合い方"

| | コメント (0)

「自治体職員の広報マインド」―職員に求められる3つのチカラ―

今日は、北海道広報広聴技術研究会(つまり北海道庁)様主催の研修会の報告です。

Kouen110725


研修会の対象者は、北海道中の市町村役場の広報担当職員と、某省の職員など、総数120人以上。
写真では、遠くのほうに豆粒大の私が写っています。

でも、私はいつも、一番後ろの席(写真手前)まで
歩いてきては参加者に話を振りますけどねbleah

講演タイトルは、

「自治体職員の広報マインド」
     ―職員に求められる3つのチカラ―

 

どんなことをお話ししたかというと・・・

続きを読む "「自治体職員の広報マインド」―職員に求められる3つのチカラ―"

| | コメント (0)

放送大学の文京学習センターOPEN!

今日は大学院のゼミでした。

いつも準備不足・・・な私ですがsweat01でも、先生のご指導と
ゼミ仲間のアドバイスで、研究内容が収斂されていく。
たまらなくうれしいものです。

校舎は丸ノ内線の茗荷谷駅近くの文京学習センター。
9月15日にリニューアルオープンした、おっしゃれーな学び舎は、筑波大学と一緒なんですdownwardright

2011092416390000

続きを読む "放送大学の文京学習センターOPEN!"

| | コメント (0)

「避難勧告」と「避難指示」

「避難勧告」より、「避難指示」のほうが、危険度が高い

「避難指示」は、行政からの「命令」と受け止めてください。
至急、避難しましょう。

一方、「避難勧告」は、まだ「避難を勧めている」状態です。
行政からの情報が、「避難指示」に切り替わったときのために、
準備をしておきましょう。

 

この「勧告」と「指示」。
意味を取り違えている人が多いので、注意してください。

「勧告」は、「勧め告げている」だけです。
「指示」は命令です。

行政が「勧告」というと、強制力があるように感じますが、
実は、「指示」のほうが強制力があります。

「避難指示」が出たら、即座に逃げる。
「避難勧告」が出たら、「避難指示に備える」と思ってください。

 

NHKでは、どちらも「行政からの避難要請」と
まとめていたような気がしますが、詳細は見逃しました。

続きを読む "「避難勧告」と「避難指示」"

| | コメント (0)

伝わらない自治体広報―東日本大震災の失敗事例

伝わらない自治体広報―東日本大震災の失敗事例
と題して、月刊『地方自治職員研修』10月号
(発行:株式会社公職研)に記事を書きました。

『地方自治職員研修』は、「自治をつくる自治体職員・議員・市民の政策情報誌」です。
10月号のテーマは、「メディア、ジャーナリズムと自治体」。
主な記事は次のとおりです。

【特集】メディア、ジャーナリズムと自治体

Shokuinkenshu

  • 多メディア時代の震災報道
  • 地方紙を巡る潮流
  • 市民メディア時代の自治体・職員のあり方
  • ソーシャルメディアの可能性と課題
  • 市民協働時代の「政策広報」
  • 伝わらない自治体広報
  • 「番組づくり」はチームワークを育てる仮想現場

今回は、ソーシャルメディアの話ではありません。
どんなことを書いたかというと・・・

続きを読む "伝わらない自治体広報―東日本大震災の失敗事例"

| | コメント (0)

「友達」申請は社会人の名刺交換

連載『ソーシャルメディアの活用』(「地方行政」)が
最終回を迎えました。(ホッ・・・dash

最終回は、

「ローカルガバメント3.0」を目指して
―求められるのは「社会性」と「コミュニケーション力」

と題して、自治体のソーシャルメディア活用の
今後について考えてみました。
概要(見出しと本文の一部)をご紹介しますねnote

 

1. Google+をどう使うか

2. LinkedInとはどのようなものか

3. 「フェイスブックなら安心」なのか

 「ツイッターは匿名性が高いから怖い」という意見をよく耳にする。確かに、どこの誰とも分からない人とのやり取りは、恐ろしいかもしれない。また、匿名の安心感からか、大学生が飲酒運転をしているとツイートしたり、ホテルの従業員が、宿泊した有名人のことをツイートしたりという事件が後を絶たない。

 しかし、フェイスブックのアカウントが実名だと言える根拠は何だろうか。フェイスブック社と住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)がつながっているわけでもなく、確認のしようがない(自治体職員は、実名かどうか確認するという行為はしないよう、ご注意いただきたい)。居住地や出身地、勤務先、学歴も、真実かどうかはわからない。すべてを妄信してはいけない。・・・(以下、略)

 

続きを読む "「友達」申請は社会人の名刺交換"

| | コメント (0)

願えばかなう!あきらめないで!

私に優れたところがあるとすれば、それは、「決してあきらめない」こと。

これは、あの「あきらめないでー!」で有名な、真矢みきさんの著書にあった言葉です。

 

2011091223420000

願えばかなう! (生き方名言新書) (真矢みき著)を読んでみました。「真矢みきに似ている」とよく言われるので(笑)

でも、実は私は、宝塚のことはまったく知りません。
これを読んで、真矢みきさんがトップスターだったことや、数々の「宝塚史上初」を残したこと、そして、39人中37番で合格した「凡人」だったことを知りました。

映画「踊る大捜査線」では、ある意味「悪役」だったと思うのですが、それでも新入社員が上司にしたい女性No.1なのだとか。

確かに、あの凛とした雰囲気・・・そう、「凛とした」という言葉がこれほど似合う女性もいないでしょう。

「真矢」という芸名も、「真っ直ぐに刺さる矢」という意味で、お父様がつけてくださったとか。

 

続きを読む "願えばかなう!あきらめないで!"

| | コメント (0)

お詫びの電話は13:30にかける!

仕事でミスをして、お詫びの連絡をしなくてはいけないとき、
あるいは他人のミスを謝罪しなくてはいけないとき・・・

本来は、お詫びにうかがうべきですが、そうもいかない場合は
まず、電話でお詫びをしますよね。

電話をかけるのは、13:30。これが成功の秘訣。

なぜって・・・

続きを読む "お詫びの電話は13:30にかける!"

| | コメント (0)

ソーシャルメディアの記事連載、いよいよ最終回!

なぜか8月はソーシャルメディアに関する記事の連載三昧でした。

『都政新報』と『地方行政』、いずれももうすぐ最終回です。
お見逃しなく!


続きを読む "ソーシャルメディアの記事連載、いよいよ最終回!"

| | コメント (0)

ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる!

ちょっとした言葉グセを直すだけで、
あなたの人生は変えられる!

言葉が人生を支配しています。
ほんの少しの言い換えで、感情が変わり、
人生も変えられるのです。

 

・・・なぁんて偉そうに言ってみましたが、実はこれは、最近読んだ書籍のタイトルと帯の文言を書いただけなのですbleah

 

人間の「思考」、「感情」、「行動」のうち、自分でコントロールしにくいのが「感情」。
そこで、「思考」や「行動」をうまくコントロールする。
そうすれば、望む方向に性格を変えたり、人生を変えたりできちゃう!

その具体的な方法は、「言葉グセ」を直すこと、というわけです。

続きを読む "ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる!"

| | コメント (0)

ページ別アクセスランキング 【2011年8月】

2011年8月の、ページ別アクセスランキングです。

  1. 動画をFLV(FlashVideo)に変換するフリーソフト(無料・日本語) (755) downwardleft
  2. トップページ (720) upwardright
  3. 気になる敬語「ご質問がございます」 (446) upwardright
  4. 【Googleを使い倒せ!】3 過去のメールをGmailにインポート (391) downwardleft
  5. 自分の強みを知る「プロファイル診断」(無料簡易テスト) (376) downwardleft
  6. 「小職」の使い方 (304) upwardright
  7. 無料メールフォーム(お問い合わせフォーム) ―おススメ!高機能 (267) downwardleft
  8. プロフィールページ (248) up
  9. Twitterの全ツイートを保存  (198) up
  10. 行政(省庁、自治体)のTwitter公式ID一覧  (180) downwardleft

※左端の数字は順位で、()内の数字はアクセス数です。

続きを読む "ページ別アクセスランキング 【2011年8月】"

| | コメント (0)

Word文書が消えてやる気をなくした方へ ―消えたWord文書の回復法

Wordが突然フリーズしたり、勝手に異常終了したりで、
「ここまで書いたものが消えちゃった・・・sweat02sweat02sweat02
なんてこと、ありませんか。

いっきにやる気なくしますよね。
自動回復の機能downwardleftもありますが、

Word

(10年前の文書を回復してほしいんぢゃないよっannoy

それが効かないとき、もう死にたくなります(大げさ)。

Word の[バックアップファイルを作成する] 設定で、
作成中のファイルのバックアップが残っている場合は、
「.wbk」という拡張子のファイルがあります。

それもないときは・・・
自棄になる前に、この方法をお試しあれflair

続きを読む "Word文書が消えてやる気をなくした方へ ―消えたWord文書の回復法"

| | コメント (4)

Twitter VS Face book―顔の見える、深く濃いお付き合い

■自治体のFace book利用状況 ―岩手県が災害情報の発信に活用

 Twitterが東日本大震災で活躍したことは、連載第14回(5月号)以降、ご紹介してきたとおりです。 では、Face book はどうだったのでしょうか。

 そもそも、大災害が発生した2011年3月11日以前からFace book を利用していた自治体は、私の知る限り三つしかありません。一番乗りは長野県小諸市でしょうか。次に岩手県広聴広報課、佐賀県武雄市と続いています。(※1)

 このうち、甚大な被害を受けた岩手県は、地震発生日以降の投稿数が激増しています。県の公式サイトは、停電や急激なアクセス増加により、情報発信することができなくなったためです。TwitterとFace book で情報を迅速に発信し続けた結果、ファンも増えたようです。

※1  Face bookページ開設年月日ではなく、ウォールへの投稿年月日の早い順に掲載した。ウォールとは、利用者本人とその「友達」の投稿が一覧表示されるページを意味する。

続きを読む "Twitter VS Face book―顔の見える、深く濃いお付き合い"

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »