« 被災地の人たちのために何かしたい!と思っている方へ | トップページ | チャリティイベント「サバイバルゲームin新宿」 »

災害時のメールの送り方

災害時のメール
デマのチェーンメールが出回ったりもしました。

災害時こそ、メールのマナーが重要になります。
そこで今日は、災害時の情報発信、特に
メールについて考えたことを書いてみます。

 

メルマガのスペシャリスト、平野友朗さんが、
こんなことを書かれていました。

 

多くのメルマガは報道媒体ではありません。
普段から、報道の一環として
取り組んでいるものを除いては
人の生死に関わる情報を
いたずらに流さない方が良いでしょう。


 

おっしゃるとおりです。

地震、津波、原発、被災地の情報などなど、
聞きかじりの情報を、メルマガ読者に送るのは、
今のような非常事態には、避けたいものです。

 

報道のプロ、あるいは行政や企業の広報のプロ以外、
不要な情報発信は慎むべきだと思うのです。

 

私は地震防災のNPOの広報担当理事で、
もう10年近く関わっています。
それだけに、うかつな情報は流せない。
(NPOで袋叩きに遭いますsign02

 

平野さんは、もうひとつ、注意事項を挙げています。

 

メール配信ソフトを使うと、
1対複数のメルマガであっても
受けとった人には1対1のメールのように
見せかけることができます。

(中略)

「●●さんは大丈夫でしたか?」
だけの内容ですと、1対1で
わざわざ心配をしてくれていると思い
「はい。大丈夫でしたよ。」
というような返事を書く必要が出てきます。

メルマガ成功法 ★メルマガコンサルタントの稼ぐ思考★ Vol579より)

 

これはとても迷惑です。
こんな時期、みんな、いろいろな立場で
忙しくしているわけですから、
無駄なトラフィックは減らしたいところです。

私の場合、私宛じゃないことはわかっていても、
情報が間違っていると、指摘せざるを得ません。
人の命にかかわることなので・・・。 

 

本当にその人のことが心配なら、
DMloveletterを送るか、電話telephoneをしますよね。

無差別にいっせい配信している時点で、
たいして心配していないわけですから、
それはハッキリ言って「偽善」です。

 

しかし!メルマガならまだマシです。
親しくもないのに、DMを送って来る人もshock

テレビやネットで聞きかじった情報を
送りつけてきて、自分はこう思う、と。

さらに、それを私のブログに書けとか、
参加しているMLに投稿しろとか・・・。

色んな要求がございます・・・gawk

 

Mailbook

おまけに、「ご参考までに」のようなタイトル
差出人名は、アドレスだったり苗字だけだったり。
それでは完ぺきな迷惑メールですdash
まずは拙著をお読みくださいsweat01

 

だから、災害時のメールマナーも含めて、
メールのセミナーをやりますrock
4月16日(土)14時からの予定です。
スケジュールを空けておいてくださいねnote

あ~、また揺れた・・・
でも、負けませんよscissors

 

 

ぽちぽちっと応援してくださいねdownwardleft
にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 


 

|

« 被災地の人たちのために何かしたい!と思っている方へ | トップページ | チャリティイベント「サバイバルゲームin新宿」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビジネスメール」カテゴリの記事

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

防災・減災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被災地の人たちのために何かしたい!と思っている方へ | トップページ | チャリティイベント「サバイバルゲームin新宿」 »