« 「My total Facebook profile views」はスパム! | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2011年2月】 »

気になる敬語「ご質問がございます」

敬語の使い方、とっても難しいですよね。

私は敬語を「何となく」使っていて、あまり厳密に考えていないのですが、それでも時々、とっても気になる言葉があります。

ご質問がございます

upwardright 気になるぅ~sweat02

 

よく、研修の最後に

ご質問はございますか

などと講師が聞きますよね。

あれは、「質問するのは参加者、質問されるのは講師」なので、質問するという動作に「ご」をつけて、動作をする人に敬意を表しているのです。

※ここですでに「イミフ」(意味不明)という方は、拙著「言いたいことが確実に伝わるメールの書き方」(明日香出版)をお読みくださいませ~shine

 

でも、「ご質問がございます」だと、質問する(疑問を持っている)のは自分なので、「私があなたにご質問をする」・・・つまり、自分で自分に敬意を払っている感じにもなってしまいます。

 

「ご」を美化語と考えればいいのかもしれませんが、私はなんだかヤだなdash
「ワタシのお洋服」、「ワタシのお勉強時間」的な。

こういう口うるさいオバサン、オジサンに対しては、使わないほうがいい表現だと思います。

※「美化語」については、拙著のP.103・104をお読みくださいflair

 

ここは、

  • 質問がございます

と書くか、または、

  • お聞きしたいことがございます
  • おたずねしたいことがございます
  • 教えていただきたいことがございます

などと表現すればいいのではないでしょうか。

 

また、メールのタイトルが「ご質問」はいただけないです。
誰が誰に質問するのかわかりません。
「ご」がついていると、「私、あなたに何か質問したっけ?」と疑問に思います。

 

そもそも「質問」という語がふさわしくない感じがします。

なんでだろう?と思って調べたら、広辞苑に

質問

疑問または理由を問いただすこと

と書いてありました。
授業やセミナー以外で「質問」という言葉を使うと、違和感があるのはそのせいか・・・。

 

ちなみに、敬語を「使う」のか、「遣う」のかについては、広辞苑に

広く一般には「使」を用いる。
心をあれこれ働かせる、技や術を巧みに操る意のとき「遣」も用いるが、動詞形では、「気遣う」以外は「使」がふつうになっている。

とあります。

 

気になる敬語がいっぱいあるので、
シリーズ化しようと思っていますcatface

 
 

 

ぽちぽちっと応援してくださいねdownwardleft

 

にほんブログ村 <br />
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 


 

|

« 「My total Facebook profile views」はスパム! | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2011年2月】 »

敬語の使い方」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方」カテゴリの記事

コメント

>しんめい先生


コメントをいただき、ありがとうございます。

「ダメ!とは言わないけど、気になる」
シリーズをぼちぼち書いていきま~す(笑)

投稿: CSMSライター:小田 | 2011/02/27 15:54

使うと遣う・・・。
なるほど!勉強になりました。
敬語のシリーズ化、楽しみにしています。
ポチッ!

投稿: しんめい | 2011/02/27 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「My total Facebook profile views」はスパム! | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2011年2月】 »