« Twitterでフォローされているかどうかを一覧表示 | トップページ | ビジネス文章5ステップ上達法 »

Twitterのバグ?ウィルス?ぜい弱性への攻撃?

Twitterにウィルス蔓延?

昨日、9月21日に、そんな騒ぎがありました。

結論から言うと、JavaScript を使ったイタズラで、
Twitterの公式サイトからログインしただけでも
勝手にツイートされてしまったりするという現象が。

これにやられてしまった人は、「あばばば・・・」とか、
ソースコードのような意味不明のツイートが
勝手に投稿されてしまっていました。

 

とにかく今は収束したようで、Twitter側からは
こんな簡単な報告がありますdownwardleft

XSSアタックについて認識し、パッチによる修復作業を行いました

 

また、ウィルスだ、ぜい弱性への攻撃だと
色々言われていましたが、技術的な説明はこちらdownwardleft

2010 年 9 月 21 日現在のツイッターのバグ(脆弱性)について

 

一連の騒動に関するツイートのおまとめはこちらdownwardleft

Twitterの脆弱性で起きた騒動と対処法のまとめ

 

さて、私が気になったのは、やはり「伝え方」です。

ここでリンクを張ったような、専門的知識をお持ちで
ボランタリーに情報発信をしている方々は尊敬に値します。
本当にありがたいですshine

 

一方、それなりの立場にある人の情報発信はどうか。

「注意喚起です。サイトの脆弱性を突いた攻撃が多発しています」

これって、ピンと来ないんですよね。
専門用語のオンパレードで。

  1. 具体的にどんな目にあうのか
  2. そうならないためにどうすればいいのか
  3. 現状はどうなっているのか
  4. いつからなのか、いつ修復できるのか
  5. 原因は何か

情報発信の優先順位としては、
この順番だと思うのですが。

本当に伝えたいのなら、

「それが私に何の関係があるの?」

に応えることが必要だと思うのです。

 

技術的な解説をしてくださっているsuno88さんは、
まさにこの順番で書かれています。

だからとってもわかりやすいし、興味が持てますflair

 

親しくさせていただいている学者さんが
こんなことを言いました。

生の魚を素人の前に出してはいけない。
食べやすく料理をしなければ食べてもらえない。
学者はこの料理も仕事だ。

学者は、社会に貢献することがミッションだ。
社会に役立つ研究をしてこそ、存在意義がある。

専門知識を振りかざし、
専門用語の解釈をうんぬんする
専門家っぽい人って・・・
難しいことをより難しくして、それで
誰のためになるのかよくわからない・・・
今日この頃なのだsign01(→きっこさん風)

 

以上、明日のゼミのネタでした~coldsweats01

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« Twitterでフォローされているかどうかを一覧表示 | トップページ | ビジネス文章5ステップ上達法 »

Twitterお役立ち情報」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twitterでフォローされているかどうかを一覧表示 | トップページ | ビジネス文章5ステップ上達法 »