« 社会生活に必要な情報の伝え方 ―事務量軽減、収納率向上のために | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2010年8月】 »

JIS X 8341-3:2010への対応にお困りの方へ ―具体的にどうすりゃいいの!?

Jis

JIS X 8341-3:2010の規格書(正確には「規格票」)をゲットしましたshine

「規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010」に参加したおまけsign02です。

 

JISの改正版は、結局のところ・・・難しくなっています。
もちろん、改「正」ではあるのですが、
で?どうすればいいの?・・・が無いのです。

 

でも、JIS対応にお悩みのWeb担当者さんに朗報ですnote

  • 具体的にどういうこと?
  • 検証(テスト)はどうすりゃいいの?
  • アクセシビリティポリシーはどうやって作ればいいの?

 

ご安心をflair
いいものがあります。

具体的にどういうことなのか、という解説とサンプルの無料sign03ダウンロードサービスがありますdownwardleft

clipJIS x8341-3:2010 テストファイル

また、このテストファイルに沿って、改正JISに適合できているかどうかの検証(テスト)をした結果のサンプルもダウンロードできます。

これは、アクセシビリティポリシーの、より具体的な項目を作るのに役立つと思います。
外部の事業者にウェブ制作を委託する時の、仕様(項目)作りにも使えますdownwardleft

Jis2

clipアクセシビリティ サポーテッド検証結果

エクセルファイルを
ダウンロードしたイメージupwardright

 
 

いずれも、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」なので、要は出典を明記すれば、利用、改変okです。
むしろ、使ってみて意見を寄せてほしいと書かれています。

 

以上、各種資料は、とっても文章が難しいので、すご~く大雑把な言い方をしましたが、関係者の方、お許しくださいcoldsweats01

 

 

Univ

追伸
セミナー会場は東京女子大学でした。
美しい学校だ・・・heart04


 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 社会生活に必要な情報の伝え方 ―事務量軽減、収納率向上のために | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2010年8月】 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

セミナー・イベント」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ご指摘の通りです。
実は小田さんのブログの存在は、twitterでつぶやかれたのを見て知りました(例のテストファイルの件)。

私はiPhoneで見ていたので、ブログが携帯版かPC版かの区別はつきませんでしたが、コメントを投稿する時にPC版のtwitterのTLからURLを探してきたので、携帯版のブログをみていたようです。

パッと見、レイアウトが小さいなとは思ったのですが、まさか携帯版とは思いませんでした。
そういうこともあるんだ、と覚えておきます。

お騒がせしました。。

投稿: モマ | 2010/09/15 02:51

>モマさま

度々、すみません。
WinのIE7でやってみたんですが、やはり
普通に送信できてしまいました。

「携帯からしか投稿できません」
というメッセージは私も見たことがなく…。


…と、ここでココログのヘルプを見たら、

「携帯用のアドレスにPCからアクセスしているのではないでしょうか。
表示されているアドレスを確認してみて下さい。」

とのことでした。

そうかsign01
そういうことだったんですねflair

最初にこのブログをご覧になったのは、
PCではなく、携帯だったのではないですか。

その後も、携帯版のアドレスにPCで
アクセスしていた…ということかと。

投稿: CSMSライター:小田 | 2010/09/14 03:00

小田さま
レスありがとうございます。コメントは最初、Win、IE7でしようとしましたが、投稿ボタンおしたら、携帯からしか投稿できません、というメッセージがでて前に進めませんでした。
他に投稿しようとした人もいらして、携帯じゃないとできないという声を聞きました。私はiPhoneから入力し直しました。
私もココログ無料版を使っていますが、そのようなメッセージは見たことがないので、そういう設定をされているのかと思い、アクセシブルじゃないのでは?て失礼なことを書いてしまいました。

投稿: モマ | 2010/09/13 01:39

>モマさま

おっしゃるとおりですよね。
実装方法はひとつではなくて、
そして、やりっぱなしじゃなくて、
テストをしてきちんと検証する。

この辺は、2004から進化したところ
でもあるのでしょうね。


あとは、取り組む人の最終的な目的。
それ次第で、進む方向や成果が
変わってくると思います。


しかしsign01
携帯から投稿してくださっていたなんて…
ありがとうございます。入力が大変でしたよね。
お手数をおかけしてしまいましたsweat02


なんででしょうかね~
私はWinですが、IE、FireFox、Chromeと
すべて投稿できます。

ただ、Chromeだと、記事を投稿するのに
HTMLで書かなきゃならないんですけどねsweat01

まぁ、無料ブログなので文句は言えませんcoldsweats01

投稿: CSMSライター:小田 | 2010/09/12 23:38

代替え案は正しいと思います。でも言葉遣いが難しいと感じられたんですよね、きっと。
JISで書かれている通りに対応しようとしても、ブラウザの種類やバージョン、ハードも種類が沢山ありますから、対応しようとした内容(実装方法)が理論上はアクセシブルでも、本当にアクセシブルかどうかは、実際にテストが必要です。
それをある実装方法が本当に有効かテストした結果をまとめたものをアクセシブルサポーテッド情報と読んでいると思います。
ただ、自社のサイトはテストファイルと構造も違うし、使っている技術も違いますから、それはそれで検証が必要だと思います。
従ってアクセシブルサポーテッド情報やテストファイルは制作者に発注する際の参考にはなっても、それだけでは不十分で、やっとスタート地点にたった程度なんだと思います。

確かに大変かもしれないけど、ボランティアも含め大勢の方が標準化に尽力しているので、私は改善点や策があれば受身ではなく、参加者のつもりで意見を出していきたいと思っています。

生意気言ってすみません。私は業者でめないし、一企業の担当者ですが、そう思っています。
あ、あとこのブログは携帯からしかコメントできないのですね。ちょっとアクセシブルでないなーと思いました…
PCからも投稿できるといいな~!

投稿: モマ | 2010/09/11 20:35

>モマさま

レスをありがとうございます。
度々すみません。


そうですよね。
日本工業規格なのですから、専門技術者向けに作られているのですものね。
難しくてあたりまえですよね。


テストファイルについている解説も読んではいますが・・・
では、以下のように書けばいいでしょうか。

--------------------------------
このテストファイルの「必ずお読みください」によれば、

<「アクセシビリティ・サポーテッド」とは、実際に利用者にとって利用可能であることを指す>のだそうです。

このテストファイルは、<各実装方法がアクセシビリティ サポーテッドであるかどうかを検証しやすくするために、>情報通信アクセス協議会のウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)、実装ワーキンググループ(WG2)が作成したものです。

--------------------------------

植木氏の提供資料についても読んではいますが・・・


当日のものは非公開かと思うので、
ブログ読者のために、ここではこちらをご紹介。

■CSS Nite in Ginza, Vol.44
『JIS X 8341-3 徹底比較 60分1本勝負「2004年版」vs「2010年改定版」』
(植木 真さん/インフォアクシア)のセッション
http://cssnite.jp/archives/post_1767.html

投稿: CSMSライター:小田 | 2010/09/11 08:50

レスありがとうございます。
テストファイルと同じフォルダに、必ずお読みください、というファイルがあります。そこにアクセシブルサポーテッド情報について、説明があります。また説明会で、植木さんが使った資料も公開されているので、もう一度ご覧になると少し理解が進むのでは?
難しいのはJISてある以上仕方ない面もあると思います。ただ、これは策定者だけではなく、ハード、ソフトなど各ベンダーの対応に左右される部分も大きいし、だから難しいんだと思います。専門知識が必要だと思います。
リンク切れについては基盤委員会に伝えればいいし、難しいこととは関係ない気もしました。。

投稿: モマ | 2010/09/10 12:04

>モマさま、梅垣さま

コメント、ありがとうございますsign01
一緒にレスしてごめんなさい。
ほとんど同内容、同時期だったのでsweat01


テストファイルは、
「アクセシブルサポーテッド情報を作るためのもの」
なのでしょうね。

でも、その例示もあるのではないですか?
私はそう受け止めましたが…。
リンク切れで見られないケースも多々あるので、
全部見てはいないですが…。


JISは法律の条文を読んでいるようで、
判例がないと意味がわからない。
私のような凡人はそう感じました。

だからこそ、専門事業者さんの
商売のタネになるのでしょうけれど…。
もし、例ではないのであれば、ぜひ、
例を作っていただきたいです。

JISは有償なので、具体例を無償で提供できない。
だからWCAG 2.0を解説するしかない。
無償でそれを公開している企業さんは
本当に尊敬します。


そもそも「アクセシブルサポーテッド情報」
って何でしょう。
結局のところ、何をどうすればいいのか
わからない。

要は情報が分散して、表現が専門的で、
とにかく難しすぎると感じます。
素晴らしいものができたけれど、
具体性が減少して、世の中に広めることが
より一層、困難になったと思います。


私の所属しているゼミには、
アクセシビリティを世に広めるために
どのような政策が必要かを
研究している方もいます。


とにかく、まずは見てね。
特に、役所のWeb担当の方。

誤解を恐れず、こんな大雑把に言えるのは、
無知なワタシだから…です。

「各種資料は、とっても文章が難しいので、すご~く大雑把な言い方をしましたが、関係者の方、お許しください」
と断ったのはそういう意味です。


厳密さやビジネスを優先するのか、
世に広めることを優先するのか…
JIS X8341の目的次第かと思います。

もし、コメントを下さったのが梅垣正宏先生であれば、
あの語り口からとても期待してしまうのですが、
「富士山の5合目を目指そう!超アバウトJIS解説」
なんて本を書いていただけるとうれしいです!

投稿: CSMSライター:小田 | 2010/09/10 00:24

テストファイルの事を誤解されているのでは?これはアクセシブルサポーテッド情報を作るためのものでは?

投稿: モマ | 2010/09/09 23:16

なんか、テストファイルの意味を誤解されてる気がしますよ。

投稿: 梅垣 | 2010/09/09 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会生活に必要な情報の伝え方 ―事務量軽減、収納率向上のために | トップページ | ページ別アクセスランキング 【2010年8月】 »