« 災害時のWeb 文章 ―情報は命を救う | トップページ | ネット情報の信頼性を判断するツール »

わかりやすく伝える技術

『わかりやすく<伝える>技術』(池上彰著、講談社現代新書)を読みました。

池上彰さんは、NHKに32年間、報道記者として勤めていた方。
現在はフリージャーナリストとして活躍されています。

テレビでおなじみの、あの柔和な笑顔。
政治や経済など、難しいことを、誰にでもわかるように解説していますよね。

 

この書籍から学ぶことは多く、
ほぼ全文に線を引きたいくらいでした。

ひとつだけご紹介すると、
「接続詞は使うべきか否か」
という疑問に対する答えが秀逸!

これは、私自身が、ずうーっと
気になっていたことなのです。

 

小説やコラムはともかく、
論理的な文章を書きたいときは、
接続詞を使うべし!という人と、
極力、使わずに書こう!
という考え方の人がいます。

 

私は「なるべく使わない派」ですが、
これは、著名なライターさんでも
意見が分かれるところです。

「接続詞活用派」の方が言うには、
接続詞を入れることによって、
文と文との関係を明確にできる、
論理的でわかりやすくなる、と。

 

う~ん、う~ん・・・なんか違う・・・。

この「何か違う」を池上さんの言葉で説明すると・・・

論理的に流れていれば、接続詞はいらないのです。逆に言えば、接続詞を多用している文章は、実は論理的ではない文を、接続詞で無理やりつないでいることが多いのではないでしょうか。
(池上彰『わかりやすく<伝える>技術』講談社現代新書p62)

なるほど。スッキリしましたflair

 

本書では、こんな例文が挙げられています。

このグローバル化時代に対応するため、わが社の戦略を改めて見直す必要があると思います。
そして、組織改革も必要になります。だから、次のようなプロジェクトチームの発足を提案します。
(同書p173より)

はて?

  1. 戦略の見直し
  2. 組織改革
  3. プロジェクトチームの発足

この3つの関係はどんなものでしょうか。

 

レベルが違うものを「そして」でつなぎ、
因果関係が不明瞭
なものを「だから」でつなぐ。

これでは論理的とは言えません。
論理的っぽく見せかけているだけです。

逆に、論理的に整理されていれば、
接続詞など無くてもわかりやすいのです。

 

参考までに、接続詞について書かれている
第8章第1節の見出しを挙げますね。

第8章 「日本語力」を磨く
1 使いたくない言葉 ―無意味な接続詞

  • 「そして」はいらない
  • 「ところで」何なの?
  • 「話は変わるけど」は相手を否定
  • 「こうした中で」はどんな中?
  • 「いずれにしましても」は話をチャラにしてしまう
  • 「が」はいらないが
  • 「○○したいと思います」は余計だと思います
  • 「週間実話」か「習慣実は」か

本書は、主に話術について書かれていますが、
文章術にも通じるところがたくさんあります。

だから(→不要)おススメの1冊ですshine

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« 災害時のWeb 文章 ―情報は命を救う | トップページ | ネット情報の信頼性を判断するツール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

>大阪の子育て主婦 トモの日記 さま


おはようございますsign01
新宿は空が明るくなってきました。

今日も素敵な一日になりますようにshine

投稿: CSMSライター:小田順子 | 2010/08/09 10:46

おはようございま~す

朝の応援ポチ!!

投稿: 大阪の子育て主婦 トモの日記 | 2010/08/09 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 災害時のWeb 文章 ―情報は命を救う | トップページ | ネット情報の信頼性を判断するツール »