« わかりやすく伝える技術 | トップページ | アクセシビリティ規格JIS X 8341-3、8月20日に改正 »

ネット情報の信頼性を判断するツール

  • キーワード密度は高いほうがSEO効果が高い。
  • キーワード密度を5~7%にするとSEO効果が高い。

これ、信頼できる情報sign02

 

「キーワード密度って何?」という方、
答えが分からない方は、まず

をお読みください。

 

ということで、Yahoo!さんはともかく、
Googleさんの答えは一応、あります。
どっちかといえば、もうGoogleさんですよね~note

 

この問いについて、私はネット上の
5億件以上のページを分析してみました。

誰が情報発信しているのか、
賛成か反対かなどを解析したんです。
すごいでしょう?

 

といっても、ツールを使ったんですけどね。

ツールの名前は「WISDOM」。
情報通信研究機構(NICT)が、
8月9日から始めたサービスですdownwardleft

 

Wisdom

情報分析システムWISDOM

このシステムに、次の文を入力してみました。

キーワード密度は高いほうがSEO効果が高い

検索結果は、企業、非営利団体、政府・行政、大学・学会、報道機関からQAサイト、Wiki、掲示板、個人サイトまで、発信者を分類して表示されます。

また、検索した内容についての意見(否定・肯定)、内容によっては原因・対策について言及しているサイトが表示されます。

その他、広告の有無、連絡先表示の有無、テキスト量、画像数 、被リンク数と更新日もチェックできます。

 

でも今回、抽出されたページ数はたったの6件。
その中で、賛成とか反対とか言っても・・・coldsweats01

 

 
検索結果画面に「専門性の高い発信者を表示」なんてのもあるんですが、どういうアルゴリズムか興味があります。

ドメインと、広告の有無、連絡先表示の有無、被リンク数あたりですかね。

 

私のブログも抽出されなかったし(「CSMSライター」では出ました)、

「起承転結型の文章はビジネス文章としては適切でない」

なんて入力してみたら、「情報が見つかりませんでした」だったし、検索精度はまだまだこれからっていうところでしょうか。

期待していますshine

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

にほんブログ村 
本ブログ 編集・ライター・書店員へ 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー 

 

|

« わかりやすく伝える技術 | トップページ | アクセシビリティ規格JIS X 8341-3、8月20日に改正 »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わかりやすく伝える技術 | トップページ | アクセシビリティ規格JIS X 8341-3、8月20日に改正 »