« 行政マンの文章術―言葉力、仕事力を高める | トップページ | Twitterの背景画像を変えました »

AD残酷物語―テレビ業界で見た悪夢

TBSの 「あいまいナ!」は、曖昧なことを解明する(?)番組。
毎週金曜の深夜に放送されています。

 

このAD(アシスタントディレクター)いじめ?がドぎつい。

例えば社の役員に向かって「給料を上げろ」と
ADに言わせるドッキリ的な実験。

 

最初はヘラヘラしていた役員も、

「あなたにはその力がないんですね」

と言われ(ADは番組的に言わされた)、
さすがにマジ切れ。

 

あのADさん、相当へこんでいたけど、
その後、大丈夫なのかな~

 

先週はもっとひどかった。

 

鶏が「コケコッコー」と鳴くのは何時か
を調べるために、またADが実験台

 

ナント、鳥小屋の中で寝かされるのです。
しかも、地べたに寝袋で・・・。

当然、ニワトリが寄ってきて顔をつついたり。
目でも突かれたら危ないんじゃ・・・

 

最近、『AD(アシスタントディレクター)残酷物語―テレビ業界で見た悪夢 』(葉山 宏孝著)を読んだせいか、とっても残酷な番組に見えてしまいます。

この本には、著者の葉山さんがADだった頃
実際に体験したことが書かれています。
ナント、当時の勤務表まで公開

葉山さんしかり、あいまいナのADさんしかり、
どうも息子たちとダブってしまって嫌な気分。

 

ここにあるようないじめや労基法違反は、
実は、どこの業界にもあると思うけれど、
みんな人の子なんだから、もう少し
思いやりがあったっていいじゃない・・・。

みんなお母さんのお腹から生まれたんでしょ。
そんなことすると、お母さんが悲しむよ

 

正直言って、読後感が悪かったけど、
葉山さんがADを辞め、ジャーナリストとして
新しい道を歩みだしたことに救われます。

葉山さん、がんばってね

 

 

ぽちぽちっと2つ、応援クリックを

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー にほんブログ村 
本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« 行政マンの文章術―言葉力、仕事力を高める | トップページ | Twitterの背景画像を変えました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行政マンの文章術―言葉力、仕事力を高める | トップページ | Twitterの背景画像を変えました »