« Twitterアクセス解析ツールでフォロワー属性がわかる | トップページ | 阪神淡路大震災 あれから15年 ―子ども・若い世代に伝える― »

自治体クラウドとアジャイル

自治体クラウド」って何?

 

そんなときは、「自治体クラウドとは」で検索をする。

そうすると、 「クラウドとは - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典」 とか、 行政の「クラウド化」は成功するか?(ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS) なんて記事があります。

でも、定義を知りたいわけではなく、もっと具体的なことを知りたくて検索している場合は、「自治体クラウド」で検索したりします。

 

その場合、Yahoo!では、検索結果の3ページ目に、こんなブログの1記事にもかかわらず、 「自治体クラウド」が電子申請サービス再構築の好機となる・・・のか が表示されています。
(やっぱり、Yahoo!って不思議・・・)

 

定期購読している「日経コンピュータ」では、「社長の疑問にどう答える?日ごろから回答を用意しよう」というコーナーがあります。
(やっぱ、「コンピューター」じゃなくて、「コンピュータ」なんだ・・・)

そこでも、「クラウド・コンピューティングというのはなんなのか。うちに関係があるのか」という問いが。

これに対しては、クラウドという言葉の定義を説明するのではなく、価値をわかりやすく説明することが大切だと書かれています。

 

模範解答をここで書くのは、顰蹙かもしれないのでやめておきますが。

 

さらに、とっても興味深い記事を読みました。

 

 

SOAはアジャイルと相性がいい

 

これは「ユーザー事例」というコーナーで、今回は山形県庁の取材記事。

ちなみに「SOA」とは、サービス指向アーキテクチャのこと。

 

アジャイルとは

アジャイルとは、ソフトウェアの開発において、より素早い開発を重視する方法の総称である。

アジャイルの特徴には、

  • 利用者の要求を随時取り入れる
  • 実際に動作するプログラムをこれまでよりも短いサイクルでリリースする
  • 日々試験をし結果をフィードバックする
  • チームの連携を重視する
  • 計画よりも具体的な実践を重視する
  • 持続的・継続的な保守を前提とする

などがある。

アジャイルの考え方は、特に変化の激しいWeb系、オープンソース系の開発で重視されている。

 

これと対極にある?のが、「ウォーターフォールモデル」。

「上流の計画が細部に分解され、予定通りに流れる」開発手法ですね。

また、反復を重視する方法論もあって、統一方法論(UP)もそのひとつです。

アジャイルとは (agile): - IT用語辞典バイナリ より)

 

山形県は、SOAを推進していて、そのために、アジャイル開発を採用したというわけです。

第4回 SOAはアジャイルと相性が良い - 幸せを呼ぶアジャイル開発:ITpro より)

私の今後の研究に関係がありそうなので、覚え書きとしてまとめてみました。

 

ちなみに、アジャイルの英語としての意味は、「機敏な」といったものだそうな。

 

 

ぽちぽちっと応援クリックをcatface

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 
 

|

« Twitterアクセス解析ツールでフォロワー属性がわかる | トップページ | 阪神淡路大震災 あれから15年 ―子ども・若い世代に伝える― »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

行政・自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twitterアクセス解析ツールでフォロワー属性がわかる | トップページ | 阪神淡路大震災 あれから15年 ―子ども・若い世代に伝える― »