« ページ別アクセスランキング 【2009年10月】 | トップページ | 【GoogleのSEO 10の誤解】5 キーワードの詰め込みはしていませんが、何か? »

迷惑メールを防ぐ方法 ―エンティティ化

Html_rand_meiwaku_mail_mini迷惑メール、多いですよねぇ・・・。

ちょっと前までは、英文のタイトルで、あきらかにスパムメール、ウィルスメールとわかるようなものばかりでしたが、最近はうっかり開封してしまうものも多いです。

送信者名が、日本人の、しかもよくある名前で、タイトルも、「先日はお疲れ様でした」とか、「ご報告」とかだったり。

 

100%防ぐ方法って存在しないと思いますが、対策をまとめてみました。

 

 

oneメールアドレスをエンティティ化する

メールアドレスをそのまま公開してはいけません。

オフィシャルサイトなどで、メールアドレスを公開しなくてはいけないときは、mailto:というタグも含めて「エンティティ化」しましょう。

flairエンティティ化とは

文字を数値に置き換え表現する手法です。例えば「 a 」は

Entity3

に置き換えると、データ上は

Entity3

ですが画面には「 a 」と表示されます。不思議catface

こうすることで、メールアドレスを自動的に収集するプログラムから、メールアドレスを拾われにくくします。

flairエンティティ化できる無料ソフト

インストールタイプ『HTMLエンティティ生成』

Entity1

私がよく使っているものです。

解説とダウンロードは HTMLエンティティ生成 ver2.10  へ。

Mac版 HTMLエンティティ生成 for Mac もあります。

 

Entity2ブラウザでHTMLエンティティ化できるツール

「CGI総合情報サービス WebCraft」HTMLエンティティツール は、ブラウザからアドレスなどを入力して、エンティティ化できます。

 

twoすぐに消せるアドレスを作る

怪しげなサイトで何かを買ったり、登録したり、「これで儲かってウハウハ!」というような内容の無料レポートなどをダウンロードしたりすると、一気に迷惑メールが増えます。

とはいえ、怪しいと思わなかったからひっかかったわけですが。

 

そこで、仕事のメールや友人とのやりとり、しっかりした企業サイトでのショッピング以外で、メインアドレスを使わないほうが安全です。

どーでもいいアドレスを用意して、初めてのサイトでの買い物や、「無料」ダウンロード的なものにはそのアドレスを使う。
迷惑メールが来はじめたら、そのアドレスは消してしまう。

Yahoo!には、そんなアドレスをいくつも作るサービスがありますね。

それを利用してアドレスをたくさん作り、迷惑メールを送りつけている人も見かけますがcoldsweats02

 

three予想されやすいアドレスを作らない

ドメインはサイトURLを見ればわかります。

このブログなら、「csms-seo.cocolog-nifty.com」です。

 

これを

info@csms-seo.cocolog-nifty.com

webmaster@csms-seo.cocolog-nifty.com

とか、一般的なアドレスにすると、「info+ドメイン」で機械的に生成できてしまいます。

こういうのはスパムメールが来やすいアドレスです。

 

あとは、メールソフトの設定などでフィルタをかけてはじくくらいでしょうか。
これはみなさん、無意識にでもやっていると思いますが。

どんなメーラーでも、「迷惑メールを報告する」というような機能がついています。
それで、アドレスなど迷惑メールのパターンを、メーラーに学習させることができます。

 

でも、大事なメールも迷惑メール扱いされることもあるので、注意が必要です。

例えば、メルマガやML(メーリングリスト)などは、複数の人に一斉に配信するので、迷惑メールフォルダ行きの確立が高いです。

 

pencil追記(2009/11/6)

メールアドレスを画像化して、迷惑メール対策をされているのを見かけますが、リンクタグの<a href="mailto:●●@●●●">を読み取られてしまいます。

ここも、mailto:も含めてエンティティ化したほうがいいですよ。

とはいえ、いったん公開してしまって、迷惑メール送信者にメールを収集されてしまってからでは遅いですがcoldsweats01

 

 

役に立ったshineあるいは、もっと役に立つ内容、書けよdashと思われたら、ぽちぽちっと応援クリックをdownwardleft

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« ページ別アクセスランキング 【2009年10月】 | トップページ | 【GoogleのSEO 10の誤解】5 キーワードの詰め込みはしていませんが、何か? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ページ別アクセスランキング 【2009年10月】 | トップページ | 【GoogleのSEO 10の誤解】5 キーワードの詰め込みはしていませんが、何か? »