« 【GoogleのSEO 10の誤解】9 SEOで成功したサイトは更新しないほうがいい | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

【GoogleのSEO 10の誤解】10 (X)HTML の記述が正しくないと、SEO上、不利

(X)HTMLは正しく書けないとイケナイのか。

Googleさんはこんなふうに言っています。 

 

誤解 10: 正しい (X)HTML の記述は、サイトのランク付けを上げる

実は、インターネット上のほとんどのサイトの記述に誤りがあると言われています。完全に正しい記述は全体の約 5% 以下とさえ言われています。

ブラウザはこの状況に対応しており、検索エンジンも同様です。致命的に壊れた記述は非常に稀です。

(「Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解」より)

 

表示が壊れてしまうほど、ひどい間違えはngよ・・・ってことでしょうね。

でも・・・

 

そもそも、(X)HTMLって何coldsweats01・・・という方のために。

 

(ほとんどの方がWindowsでInternet Explorerという前提で)今、このページをご覧になっているブラウザの画面の一番上に、「ファイル、編集、表示、履歴、ブックマーク・・・」とメニューが並んでいますよねdownwardleft

Menu_2

その中の「表示」をクリックすると、いくつかのメニューが現れます。

その中の「ソース」という文字をクリックすると、英語がごちゃごちゃ並んだようなものが表示されます。

 

Source

upwardrightこれがXHTMLです。

 

(X)HTMLには文法があって、それが正しいとか正しくないとかのお話です。

例えば「玉ねぎ、食べれる?」というのは、間違った表現(ら抜き言葉)と言われていますが、でも、言いたいことは通じますよね。

それと同じで、「まったく間違いのない(X)HTMLなんて、ホントに少ないんだよ。だから、そんなことでサイトのランクを決めたりしないよ。」

Googleさんはそう言っているわけです。

 

ただし、こうも書かれています。

ただ、正しく記述されたサイトは、より多くのブラ ウザで適切に表示されますので、できるだけ正しく書くことをおすすめします。

また、正しく記述すると、問題が見付かりやすくなり、修正も容易になります。

 

サイト制作会社に頼むときは、正しく書けることが基本ですから、そのサイト制作会社の力を知るためには、正しく書けるかどうかをチェックするといいかもしれません。

そこで、チェックツールのご紹介です。

 

clipMarkup Validation Service

※英語ですが、「Address:」の欄に、サイトのURLを入れるだけです。

clipCSS Validation Service

※こちらは日本語です。

 

例えば、このブログのチェック結果はこちら

ブログは、もともとの設定があるので難しいですね。

・・・って、あら?CSSもダメでしたcoldsweats01

 

私が作ったサイトのチェック結果はこちら。

Valid HTML 4.01 Strict 

 

以上、Googleの誤解シリーズ、今日で最後です。

いかがでしたか。

役に立ったshineあるいは、もっと役に立つ内容、書けよdashと思われたら、ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« 【GoogleのSEO 10の誤解】9 SEOで成功したサイトは更新しないほうがいい | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

GoogleのSEO 10の誤解」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【GoogleのSEO 10の誤解】9 SEOで成功したサイトは更新しないほうがいい | トップページ | 日本人の知らない日本語 »