« 言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか | トップページ | おいしいラーメンを探し求めて・・・ »

うそつきのパラドックス

 
 

この文は誤りである。

この文の意味は正しいだろうか。

これは有名な自己言及の問題である。

 
 

この文が本当に間違っているなら、この文は正しいことになる。

ということは、この文は誤りではないので、誤ったことを言っていることになる。

 

 

これは単なる論理の遊びではない。

例えば精神疾患の場合、自分が病気だと自覚できないことが多く、このパラドックスと似た点がある。

 

このように、哲学的意味論は、言語学と論理学の境界領域である。

言語の脳科学より)

 

こんなのもあります。

 

フランスの現在の国王は、頭がハゲている。

 

・・・現在のフランスは共和制なので、国王はいません。
だからこの文は誤りです。

でも、いないものはハゲているかどうかもわからない。
だから、この文が間違っているかどうかもわからない。

  

ちなみにこれは私が言ったことではありませんよ。
バートランド・ラッセルという偉い学者さんが言ったことですのであしからずcatface

 

つづく

 

役に立ったshineあるいは、もっと役に立つ内容、書けよdashと思われたら、ぽちぽちっと応援クリックをdownwardleft

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 


|

« 言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか | トップページ | おいしいラーメンを探し求めて・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか | トップページ | おいしいラーメンを探し求めて・・・ »