« 【GoogleのSEO 10の誤解】3 できる限り多くの検索エンジンに登録する? | トップページ | 地方自治体のためのホームページ活用講座 »

【GoogleのSEO 10の誤解】4 AnalyticsやAdSenseは検索順位を上げる?

  

【GoogleのSEO 10の誤解】シリーズ第4回目は、AnalyticsなどGoogleの提供するサービスについてです。

 

誤解 4:
AdWords や AdSense, Analytics を利用すると、サイトの評価が上がる、もしくは下がる

そんなことはありません。

これらはすべて、ウェブマスターの皆様に是非ご活用いただきたい Google のサービスですが、このいずれか、もしくはすべてを利用されているからという理由で、検索結果上のサイトの評価が上がることもなければ、下がることもありません。

AdWords(アドワーズ)というのは、Googleに広告を出してもらう仕組みです。

AdSense(アドセンス)は、逆に、その広告を自分のサイトやブログに表示して、「1クリックで何円」という広告費をもらう仕組み。

Analytics(アナリティクス)は、Googleが提供する無料のアクセス解析ですね。

 

確かに、Googleの提供するサービスを利用していれば、ひいきしてくれるかなsign02と思っちゃいますよね。

だって、Yahoo!さんだって、やっぱりYahoo!ショッピングにあるサイトをひいきしているように感じるもの・・・。

 

でも、Googleさんは、「そんなことしませんよsign01」とおっしゃっているわけですね。

memoGoogleのインデックスやランク付けなどに関する、10の誤解」(Googleの「Webmaster Central 日本版 公式ブログ 」に掲載されたもの)より

 

まあ、Analyticsは超高機能アクセス解析ですから、これをしっかり活用してサイト運営をしていけば、結果として検索結果の順位が上がる・・・ということはあると思います。

clipAnalyticsについては、過去の投稿downwardleftを参考にしてください。

 

逆に、Analyticsで、サイト滞在時間や直帰率などがわかりますから、それで評価を落とされたりするんじゃないか・・・と、心配になる気持ちもわかります。

 

でも、Googleさんの大切なお客様は、検索ユーザー。

ユーザーにとって有益なサイト、ページを探してくることが大切ですから、Analyticsを使っているサイトとそうでないサイトで違う扱いをしたら、基準がおかしくなりますよね。

AdWords や AdSenseも同じだと思いますよ。

 

根拠のない噂に惑わされず、Analytics、AdWordsやAdSenseをしっかり活用しましょうflair

 

 

役に立ったshineあるいは、もっと役に立つ内容、書けよdashと思われたら、ぽちぽちっと応援クリックをdownwardleft

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

  

 

【GoogleのSEO 10の誤解】シリーズ

  1. 重複するコンテンツがあるとペナルティ?
  2. XHTMLで書かないと、Googleに嫌われる?
  3. できる限り多くの検索エンジンに登録する?

 

 

|

« 【GoogleのSEO 10の誤解】3 できる限り多くの検索エンジンに登録する? | トップページ | 地方自治体のためのホームページ活用講座 »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

GoogleのSEO 10の誤解」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【GoogleのSEO 10の誤解】3 できる限り多くの検索エンジンに登録する? | トップページ | 地方自治体のためのホームページ活用講座 »