« Twitter便利ツール | トップページ | あんたの1票じゃ政治は変わらない »

【GoogleのSEO 10の誤解】2 XHTMLで書かないと、Googleに嫌われる?

Googleのインデックスやランク付けなどに関する、10の誤解」(Googleの「Webmaster Central 日本版 公式ブログ 」に掲載されたもの)を解説する【GoogleのSEO 10の誤解】シリーズの第2回目です。

 

これは、Googleさんの公式ブログを読めばわかることですが、「読んでもわからないcrying
という方のための解説集です。

 

今日は「誤解 2: HTML と XHTML を混ぜて使用するとウェブマスターツールの認証に失敗する」を解説します。

 

flair「ウェブマスターツールの認証」って?

ウェブマスターツールとは、「Google Webmaster Tool」のことです。

 

そのツールを使うには、Googleに登録する必要があります。

登録方法は2種類。そのうちのひとつは、<meta name="verify-v1" content="・・・">というような「metaタグ」をソースに追加することです。

さらに、XMLという形式のサイトマップファイルを作って、サイトに置く必要があります。

 

※ウェブマスターツールについては、以前の投稿「【Googleを使い倒せ!】10 いよいよ「Google ウェブマスターツール」」をご覧ください。

 

flairXHTML?HTML?なにそれ???

要は、ホームページが表示されるようにする言語のルールと言いますか、ことばの意味を理解しなくても、「そういうもんがあるんだな~」で十分です。

簡単に言うと、<meta name="verify-v1" content="・・・">という「metaタグ」の記述やサイトマップのXMLファイルが、XHTMLの仲間で、HTMLとは違うものなんですね。

 

こういう異なるルールをひとつのページに混在させると、Googleさんが怒るかといえば、そんなことはない。

(むしろ、W3Cさんに嫌われますが)

何らかのエラーで、Googleウェブマスターツールに登録できなかった(うまく認証できなかった)人が、そんなふうに「深読み」したのでしょう。

 

しかし、この10の誤解に入れるほど、そういう人がたくさんいるんですかね~
XHTMLとかHTMLとか、難しいことを知っている人がたくさんいるんですね~

不思議~catface

 

【GoogleのSEO 10の誤解】シリーズ

  1. 重複するコンテンツがあるとペナルティ?

 

 

役に立ったshineあるいは、もっと役に立つ内容、書けよdashと思われたら、ぽちぽちっと2つ、応援クリックをdownwardleft

 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

 

|

« Twitter便利ツール | トップページ | あんたの1票じゃ政治は変わらない »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

GoogleのSEO 10の誤解」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twitter便利ツール | トップページ | あんたの1票じゃ政治は変わらない »