« インターネット時代の日本語 ―ワークショップ&シンポジウム | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ おすそわけ »

甲南大学で講演をします!

甲南大学ネットワークキャンパス東京で、10月24日(土曜)に講演をしますsign01

 

Chuta 日本語読解学習支援システム「リーディング チュウ太(Reading Tutor)」のシンポジウムです。

 

講演者は、チュウ太の開発をされた川村よし子先生(東京国際大学言語コミュニケーション学部)、北村達也先生(甲南大学知能情報学部)の他、日本語学習の専門家の先生方です。

 

なんでそんな方々に混じって小田が講演するのかsign02
今日はそのお話です。

 

■卒論 「わかりやすい広報を目指して」

今から3年近く前、私が大学の卒論「わかりやすい広報を目指して―行政の広報のあるべき姿を探る 」を必死で書いていたときのことです。

その中に、「想定読者ごとのわかりやすさのレベル ― 内容の品質 」という件があり、そこでの仮説にしたがって、「役所の文章」の難易度判定をしてみたのです。

判定には、日本語能力試験の基準を使うのですが(参考:生命に関わる情報( レベル3 ) )、それを一瞬にしてやってのけてくれるのが、チュウ太くんだったわけです。

 

■「チュウ太」の入院

ところが、チュウ太にアクセスしたら「入院中です」と・・・sweat02

卒論の提出期限まで数日というところだったので、

ひぇーーーsign01
間に合わないじゃないかーーーcrying

と、ブログで大騒ぎ。

 

そこに、北村先生、川村先生がレスをつけてくださったのです。
(結局、チュウ太は卒論提出期限までには退院できず、日本語能力試験のテキストをもとに手作業で判定しましたがweep

 

■「チュウ太」の目的外利用!?

そのときに、

「卒論?お役所言葉の難易度判定?

 ・・・チュウ太を変な使い方してる奴がいる・・・」

と印象に残ったようで、それで今回、「おもしろいからちょっと話をしてね」ってことになったわけです。

 

だって、チュウ太は「日本語読解学習支援システム」なんですよ。

それを私は「文章の難易度チェッカー」と勝手に呼んで使っているわけですから。

 

でもね、私の卒論では、「役所の常識は世間の非常識 」、「お役所用語は外国語」なんですcatface

 

■「チュウ太」関連記事

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

|

« インターネット時代の日本語 ―ワークショップ&シンポジウム | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ おすそわけ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

セミナー・イベント」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

行政・自治体」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インターネット時代の日本語 ―ワークショップ&シンポジウム | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ おすそわけ »