« 大人限定、夏のイベント「ビーチアート」 | トップページ | SEO効果あり!? 「続きを読む・・・」の設定 »

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきた

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)の入り口 ダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)に行ってきました。

 

まずは薄明かりの中、「目が見える」ナビゲーターから説明を受けます。

本当に真っ暗で、「目が慣れる」ことはないこと、白杖(はくじょう)の使い方、暗闇でのタブー。

 

 ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。

 参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。

 その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

Dialog in the Dark Japanより

 

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)で貸していただいた白杖(はくじょう)

聞いているうちに、だんだん怖くなってきました。

 

これから先は真っ暗闇。
何も見えない。

川や橋があって、落っこちるかもしれない。
木や壁に激突してしまうかもしれない。
ちょっとした段差ですっ転んでしまうかもしれない。

白杖と、初対面の仲間の声と、全盲のアテンドだけが頼り。

 

まるで死を宣告されたように、本当に怖かったんです。

 

でも・・・

仲間の声ってありがたいですね。

 

自分が橋を見つけたら、・・・じゃなくて、橋に気づいたら

「左右に竹があって、その間を通る感じです」

「丸太が3本の橋ですから、真ん中を通れば落ちませんよ!」

 

自分さえ渡ればいいというのではなく、声を掛け合って助け合う。

 

みんなで田舎のおじいちゃんちに行って、縁側で寝転んだり、干草で山を作ったり、大きな木のテーブルでビールを飲んだりしました。

もちろん、真っ暗闇の中でですよ!

 

虫の声、小川の冷たさ、干草の匂い。

なんだか妙にホッとして。
さっきまであんなに怖かったのに。

 

私はいつも、ウェブ制作のマナーとして「アクセシビリティ」なんてことを言っています。

でも、本当に見えない・・・って体験は初めてでした。

 

あれこれ講釈を垂れる気がしません。

とにかくとっても気持ちよかった。

 

小学生以上であれば入場可能です。

夏休みに、お子さんと一緒に行かれるのもいいですよね~

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

|

« 大人限定、夏のイベント「ビーチアート」 | トップページ | SEO効果あり!? 「続きを読む・・・」の設定 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

セミナー・イベント」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人限定、夏のイベント「ビーチアート」 | トップページ | SEO効果あり!? 「続きを読む・・・」の設定 »