« 【Googleを使い倒せ!】7 「Google Analytics」超高機能アクセス解析 | トップページ | ストレスゼロの仕事術 »

【Googleを使い倒せ!】8 「Google Analytics」に登録する

「Google Analytics」という超高機能アクセス解析に登録する。

セミナーでいつもおすすめしています。

でも、登録の仕方がわからないsweat01

という方のために、今日は「図解sign01Google Analyticsへの登録」編です。

1.「Google Analytics」日本語版の登録画面にアクセス

Google_a1

登録ページはこちらdownwardleft
http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/

2.Googleアカウントでログイン

Google_a2

3.Google Analyticsに申し込む

Google_a3

4.解析をしたいサイトのURLを登録

Google_a4

5.Analyticsアカウントを作成

Google_a5

「姓」だけでも登録できるようです。

6.「Analytics」の利用規約に同意する 

Google_a6

  • 「はい、上の利用規約に同意します」のチェックボックスをクリックしてチェックを入れる
  • 「アカウントを新規作成」ボタンをクリック

7.「トラッキングコード」が表示される

アカウントを新規作成すると、「トラッキングコード」が表示されます。

Google_a7

この<script type="text/javascript">から</script>までのコードをコピーして、アクセスを解析したいページすべてに貼り付けます。

8.トラッキングコードを埋め込む

サイトのHTMLソースの一番下、</body>というタグの直前に、トラッキングコードを貼り付けます。

Html1

※アクセスを解析したいページ全てに貼り付けます。

memoHTMLソースを編集するには

サイトの各ページを「メモ帳」で開くと、HTMLソースを編集することができます。

  1. HTMLファイルを右クリック
  2. 「プログラムから開く」を選択
    Html2
  3. 「メモ帳」が表示されないときは、「プログラムの選択」をクリック
    Html3
     
  4. ダイアログボックスをスクロールして、「Notepad」(メモ帳)を選択する
    Html4
     
  5. メモ帳で編集し、元のファイル名で上書き保存する

9.トラッキングコードを埋め込んだファイルをアップロードする

FTPソフトやホームページ作成ソフトなどで、トラッキングコードを埋め込んだファイルをアップロードします。

10.Analyticsの「トラッキング手順」ページの「完了」をクリック

Google_a7_2

11.ステータスが確認されるまで数時間待つ

最大で24時間待つことになるようです。

  • 不明なトラッキングまたは未確認の状態

Google_a8_2

  • データを受信している状態

Google_a11_2

※Analytics ヘルプ トラッキングステータスメッセージの説明

以上、ご自身でサイト作成、運営をされている方はチャレンジしてみてくださいsign03

  

ちなみに、私がお作りしたサイトは、すべて設置済みですので、作業の必要はありませんflair

アカウントを取得したらご連絡ください。

アクセス解析を見るのは「GoogleAnalytics」にアクセスして、「Analyticsにアクセス」をクリックsign01です。

 

book【Googleを使い倒せ!】シリーズ

  

 ブログランキングに参加しています。
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

|

« 【Googleを使い倒せ!】7 「Google Analytics」超高機能アクセス解析 | トップページ | ストレスゼロの仕事術 »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Googleを使い倒せ!】7 「Google Analytics」超高機能アクセス解析 | トップページ | ストレスゼロの仕事術 »