« Web2.0の次はWeb3.0なのか??? | トップページ | ホームページを更新しない罪 »

「天才」の共通点 ―脳力を鍛える

古今東西の天才に共通すること、知ってますか?

 

それは「無邪気」であること。

「今日より明日のほうがよくなる」ような気持ちで眠り、

「今日こそ、きっと、いいことがある」という気持ちで目覚める。

 

そんな「根拠のない自信」を持てるような脳の無邪気さがすべての成功の根底にある

物理学者で言語学者の黒川伊保子さん(株式会社感性リサーチ社長)は、著書『無邪気な脳で仕事をする』(黒川伊保子・古森剛著、ファーストプレス)でそう書かれています。

黒川さんは息子を天才に育てようと思い、古今東西の天才の伝記や資料、論文、語録を読みあさった。

その結果、湧きいずる好奇心、萎えない意欲、ちょっとしたことに感動する・・・という資質が、人を「天才」と呼ばれる業績に導くことを認識したというのです。

 

その無邪気な脳になるためにはどうしたらいいのか?

 

実は、早寝早起き朝ごはん。
これが脳力を鍛える習慣なのだそうです。

 

なので、12歳までにそういった生活習慣ができている人は、無邪気な脳になるのは簡単。
子どもの頃に戻ればいいだけだから。

 

難しいのは、2008年時点で35歳以下の人。
というのは、1985年から、ゲームやコンビニが急増して、生活習慣が大きく変わっていったからなのだとか。

 

現代の社会では、ビジネスの世界だけでなく、教育環境も、日常生活も、無駄を省き、損得を言い、数値的な結果が望まれる傾向があります。

数字という武器を持たされ、邪悪になってくる。
邪悪になるということは無邪気さがないということで、無邪気さがないと前に出られない

 

無邪気な脳を取り戻さねばならない。
そのためには、脳のデトックスが必要なようです。

 

幸せになりたい、成功したい・・・と思う方には、一読の価値ありです。
ビジネスシーンでも、子育てにも役に立つはず。 

 

私も「デト」したい!

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

|

« Web2.0の次はWeb3.0なのか??? | トップページ | ホームページを更新しない罪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/28430310

この記事へのトラックバック一覧です: 「天才」の共通点 ―脳力を鍛える:

« Web2.0の次はWeb3.0なのか??? | トップページ | ホームページを更新しない罪 »