« 無料メールフォーム(お問い合わせフォーム) ―おススメ!高機能 | トップページ | 子どもを伸ばす4つのルール ―子育ては「やさしい夢」 »

Google AndroidはiPhoneを抜く!?

Google Android(グーグルアンドロイド)は、無料の携帯用OSです。

2007年11月にGoogle社が発表した、携帯電話でのソフトウェア実行環境

Google AndroidはオープンソースOSのLinuxをベースとしたソフトウェア開発・実行環境で、携帯電話上で動作するOSやミドルウェア、ユーザインターフェースなどのセットを提供する。開発者は自由にアプリケーションソフトを開発することができ、Google Androidに対応した端末にダウンロードして動作させることができる。

IT用語辞典「Google Androidとは」より)

 

ちなみにこの3月に、イギリスの市場調査会社が発表した予測によれば、

iPhoneが後発のAndroidに対して保っている優位性は長続きしない可能性がある

CNET Japan「Android、2012年までにiPhoneの販売台数を抜く?--英調査会社が予測」より)

のだとか。

Googleは、世界の携帯電話会社や端末メーカーなど数十社と共同でOpen Handset Alliance(OHA)という業界団体を設立して、関連技術の開発や普及を進めようとしてきたわけですが、今度はデジタル家電にも活用しようという団体が日本国内で設立されました。

 

今回設立されたのは一般社団法人Open Embedded Software Foundation(OESF)。

アイ・ピー・ビジョンの三浦雅孝氏が代表理事を、SIPropプロジェクトの今村謙之氏とリファイナーの小薗誠氏が理事を務めています。

Google Androidを活用する「デジタル家電」というのは具体的に、IP電話やセットトップボックス(STB)、カーナビなどを想定しているそうです。

※セットトップボックス (STB:Set Top Box)は、ケーブルテレビ放送や衛星放送、地上波テレビ放送(デジタル放送、アナログ放送)、IP放送(ブロードバンドVODなど)などの放送信号を受信して、一般のテレビで視聴可能な信号に変換する装置。ブラウン管テレビではテレビの上に置いていたことからこの名がある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

Google Androidは携帯電話市場に集中しているので、「家電をリードできる日本、韓国、台湾、中国に期待をしている」とGoogleはコメントしています。

さてさて、この業界がどんなふうに動くのでしょう。SEO、SEMへの影響は・・・sign02

 

詳しくはOpen Embedded Software Foundation(OESF)のプレスリリースをご覧ください。

clipAndroidをデジタル家電にも--半導体ベンダーなど国内23社が推進団体を設立:ニュース - CNET Japan

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

|

« 無料メールフォーム(お問い合わせフォーム) ―おススメ!高機能 | トップページ | 子どもを伸ばす4つのルール ―子育ては「やさしい夢」 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/28847605

この記事へのトラックバック一覧です: Google AndroidはiPhoneを抜く!?:

« 無料メールフォーム(お問い合わせフォーム) ―おススメ!高機能 | トップページ | 子どもを伸ばす4つのルール ―子育ては「やさしい夢」 »