« ショートカットアイコンにご注意! | トップページ | 「天才」の共通点 ―脳力を鍛える »

Web2.0の次はWeb3.0なのか???

ふたつのイベントに参加申し込みをしました。

一つ目は、「セマンティックWebコンファレンス2009」。
3月16日(月)に、慶應義塾大学三田キャンパスで開催されます。

 

どんなお話が聞けるのかというと、例えば、「実用化システムと研究プロジェクト紹介」として、

  • SearchMonkey - Yahoo! SearchにおけるセマンティックWeb標準の活用事例
    (ヤフー株式会社)

とか、デモ展示コーナーでは、

  • 『自動セマンティックインデキシングシステム及びセマンティックWebエンジン活用システムの展示』(株式会社サイバーエッヂ)
    ニュース記事などの平文データの自動意味解析を行い,「何時」「誰が」「何を」「如何に」等の意味を抽出して,元の文書にメタデータを自動附加する実験システム
  • 『メタデータ自動抽出ソフトウェア「Mextractr」』(メタデータ株式会社)
    テキ ストから5W1Hの記述(いつ,どこ,誰,何,どう,いくら etc)を抽出して活用できるサーバ・ソフトウェア(中略)次世代スケジュール管理の「メイドめーる」はじめ様々なマッシュアップ事例をご紹介

など。

おもしろそうでしょ?!

 

基調講演 が「Web3.0へ向けて」(斎藤 信男:駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 学部長) 。

Web2.0」は終わった、「バズワード」だ・・・と言われ、次は「クラウドコンピューティング」だ!と言う人もいる中で、なぜ「Web3.0」?

齋藤先生は、

Web3.0の基盤となる技術は,セマンティックWebとWebアプリケーションプラットフォームである.セマンティックWebは,メタデータ技術により Webに知的処理を導入し,現在の検索技術に基づくアプリケーションを超えた新しい展開が出来る

と書かれています。

難しいですが、要は「アプリケーションはWeb上に構築するようになる」ということのようです。
また、「そこでは,メタデータ技術とオントロジー技術がやはり重要な役割りを果たす」のだとか。

 

「メタデータ」とか「オントロジー」とかは、「Tech-On!用語」の説明がわかりやすく、

例えば,書籍におけるオントロジーを考えた場合,タイトルや作者,出版社といったメタデータについて,これらを一定の表現方法で記述するための決まりの集合体である

と書かれています。

この「オントロジー」。これがまたおもしろそうです。

 

同じく基調講演で、「医療情報とオントロジ」(田中 博東京医科歯科大学情報医科学センター センター長)でも、

医療においてオントロジーは医療の概念体系の基盤であり,多くの局面においてその重要性は認識されつつある.たとえばWHOが準備している新たな国際疾病分類(ICD)は疾患オントロジーに基づいて作成されている

と。

 

もうひとつは、

文部科学省科学研究費特定領域研究「日本語コーパス」
平成20年度公開ワークショップ(研究成果報告会)

3月14日(土)~16日(月)に、東京工業大学の大岡山キャンパスで開催されます。

 

コーパスとは、

言語分析を行うための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を組織的に収集し、研究用の情報を付与したうえで電子的に保存したもの(国立国語研究所

です。

やっぱりオントロジーとかもありますが、みなさんおなじみのYahoo!さんのポスターセッション、

  • Yahoo!知恵袋における「です」を用いた引用表現

とかもあるんですよ。

 

・・・って、やっぱり興味ないかしら(汗;
いえ、実は私、こういった広い意味での言語学を学びたいと思い、大学院入学を考えています

こうして宣言しちゃうと、不思議と、有益な情報をくださる方がいたり、救いの手を差し伸べてくださる方がいたりもするものですし・・・(笑)
ということで、言っちゃいました!

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

|

« ショートカットアイコンにご注意! | トップページ | 「天才」の共通点 ―脳力を鍛える »

セミナー・イベント」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

kasai86先輩

いつもコメントありがとうございますnote

実は金曜からずっと風邪で寝込んで、な~んにも行けなかったのですが、「セマンティックWebコンファレンス2009 予稿集」があったので、よろしかったらご覧くださいcoldsweats01

投稿: CSMSライター | 2009/03/18 02:02

よく理解できてないけど、おもしろそー。セマンテックwebとかオントロジーとか、Webで仕事する人たちにとって次のご飯のたねだな。

投稿: kasai86 | 2009/03/16 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/28384329

この記事へのトラックバック一覧です: Web2.0の次はWeb3.0なのか???:

« ショートカットアイコンにご注意! | トップページ | 「天才」の共通点 ―脳力を鍛える »