« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

Web2.0の次はWeb3.0なのか???

ふたつのイベントに参加申し込みをしました。

一つ目は、「セマンティックWebコンファレンス2009」。
3月16日(月)に、慶應義塾大学三田キャンパスで開催されます。

 

どんなお話が聞けるのかというと、例えば、「実用化システムと研究プロジェクト紹介」として、

  • SearchMonkey - Yahoo! SearchにおけるセマンティックWeb標準の活用事例
    (ヤフー株式会社)

とか、デモ展示コーナーでは、

  • 『自動セマンティックインデキシングシステム及びセマンティックWebエンジン活用システムの展示』(株式会社サイバーエッヂ)
    ニュース記事などの平文データの自動意味解析を行い,「何時」「誰が」「何を」「如何に」等の意味を抽出して,元の文書にメタデータを自動附加する実験システム
  • 『メタデータ自動抽出ソフトウェア「Mextractr」』(メタデータ株式会社)
    テキ ストから5W1Hの記述(いつ,どこ,誰,何,どう,いくら etc)を抽出して活用できるサーバ・ソフトウェア(中略)次世代スケジュール管理の「メイドめーる」はじめ様々なマッシュアップ事例をご紹介

など。

おもしろそうでしょ?!

 

基調講演 が「Web3.0へ向けて」(斎藤 信男:駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 学部長) 。

Web2.0」は終わった、「バズワード」だ・・・と言われ、次は「クラウドコンピューティング」だ!と言う人もいる中で、なぜ「Web3.0」?

齋藤先生は、

Web3.0の基盤となる技術は,セマンティックWebとWebアプリケーションプラットフォームである.セマンティックWebは,メタデータ技術により Webに知的処理を導入し,現在の検索技術に基づくアプリケーションを超えた新しい展開が出来る

と書かれています。

難しいですが、要は「アプリケーションはWeb上に構築するようになる」ということのようです。
また、「そこでは,メタデータ技術とオントロジー技術がやはり重要な役割りを果たす」のだとか。

 

「メタデータ」とか「オントロジー」とかは、「Tech-On!用語」の説明がわかりやすく、

例えば,書籍におけるオントロジーを考えた場合,タイトルや作者,出版社といったメタデータについて,これらを一定の表現方法で記述するための決まりの集合体である

と書かれています。

この「オントロジー」。これがまたおもしろそうです。

 

同じく基調講演で、「医療情報とオントロジ」(田中 博東京医科歯科大学情報医科学センター センター長)でも、

医療においてオントロジーは医療の概念体系の基盤であり,多くの局面においてその重要性は認識されつつある.たとえばWHOが準備している新たな国際疾病分類(ICD)は疾患オントロジーに基づいて作成されている

と。

 

もうひとつは、

文部科学省科学研究費特定領域研究「日本語コーパス」
平成20年度公開ワークショップ(研究成果報告会)

3月14日(土)~16日(月)に、東京工業大学の大岡山キャンパスで開催されます。

 

コーパスとは、

言語分析を行うための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を組織的に収集し、研究用の情報を付与したうえで電子的に保存したもの(国立国語研究所

です。

やっぱりオントロジーとかもありますが、みなさんおなじみのYahoo!さんのポスターセッション、

  • Yahoo!知恵袋における「です」を用いた引用表現

とかもあるんですよ。

 

・・・って、やっぱり興味ないかしら(汗;
いえ、実は私、こういった広い意味での言語学を学びたいと思い、大学院入学を考えています

こうして宣言しちゃうと、不思議と、有益な情報をくださる方がいたり、救いの手を差し伸べてくださる方がいたりもするものですし・・・(笑)
ということで、言っちゃいました!

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショートカットアイコンにご注意!

Shortcut 誰しもPCのデスクトップに、WordとかInternet Explorerを起動するためのショートカットアイコンを置いていますよね。

このショートカットは、「.lnk」という拡張子の小さなファイルで、Wordなどのアプリケーションを起動することができます。

このショートカットに仕込まれているウィルスが流行しているようです。

普通にアプリケーションを起動したつもりが、裏でウィルスも起動していたり、勝手にインターネット上からウィルスをダウンロードしていたりするそうです。

Property2 おかしなファイルへのリンクが張られていないかどうかは、

downwardleftショートカットのプロパティ

で確認できます。

(ショートカットアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選んでください)

 

詳しくは「ITpro:ショートカットを悪用するウイルスに注意、知らないうちに感染の恐れ」へ

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけると、今年もハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GoogleがGoogleにペナルティ

Googleは「有料リンク」=お金を払ってリンクを張ってもらう行為を嫌います。

それは、中身がないサイト(ページ)でも、リンクがたくさん張られていると、評価が高くなる(検索結果の順位も高くなる)・・・ということですね。

リンクの売買をしていることがバレたら、PageRankの評価を下げるとか、検索結果の順位を下げるとか、Googleによって罰をくだされます。

今回、Googleによってペナルティを与えられたサイトはGoogle.co.jp
う~ん・・・潔いと言っていいものかどうか・・・coldsweats01

詳しくはこちらをご一読あれdownwardleft

clipGoogle Japan Blog:
 Google.co.jp のページランクを下げた件について
 (2009年2月18日)

clipWebmaster Central 日本版 公式ブログ:
 有料リンクについて
 2009年2月18日

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけると、今年もハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マーケティングとPRの実践ネット戦略

 

『マーケティングとPRの実践ネット戦略』(デビッド・マーマン・スコット著、日経BP社)を読みました。

このブログに、著者の奥さまがコメントしてくださったのをきっかけに、さっそく購入して。

 

■ウェブがルールを変えた

著者は車を買おうと思って、ビッグ3の自動車サイトにアクセスしました。

ところが、どこもテレビと同じような「広告の一斉射撃」をホームページで展開していたのです。

フォードなんかは、フォード、マーキュリー、ランドローバー、ボルボとサイトが別々。数か月かけて、購入する車をじっくり検討したい人にとっては全然役に立たない。

広告を押し付けるばかりで、関係を築こうとはしない。

結局、消費者が主役のSNSと個人サイトで情報収集をし、車のオーナーたちのメッセージを読みながら欲しい車種を絞り込んでいったそうです。

メーカーのサイトをちゃんと見ることはなかった、と。

 

■数百万人がストーリーを広める

マーケティング戦略はウェブを最大限活用するように変えなければならない。

そのためのヒントがふんだんに盛り込まれている一冊です。
以下、目次の一部を抜粋↓

  • 古いルールを破壊しよう
  • 自分の顧客と直接対話する
  • ブログ:数百万人がストーリーを広める
  • コンテンツの充実したウェブサイトを作る
  • ソートリーダーシップによるブランディング
  • 顧客のために書く
  • ウェブコンテンツでどう売るか
  • 顧客にリーチできるブログ
  • 良質なポッドキャストと動画を簡単に作成
  • 検索エンジンマーケティング

企業だけでなく、個人サイトやブログでのマーケティングにも有効です。

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけると、今年もハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン ―大切な人に贈りたいもの

バレンタインのプレゼント。

私は今年、大切な人に「笛」を贈ります。

 

Believe_your_breath
Believe your Breath

 

 

「息をしている」ということは、生きている証です。

Believe-your-Breath
=あなたの生存を信じる
=何があっても生きていてね

・・・ そんな気持ちを込めた笛です。

 

どこかに閉じ込められたとき、
瓦礫の下敷きになっとき、
漂流する板の上で・・・

Breath離れた相手に自分の生存を知らせたいとき、生きてさえいれば、声は出なくても笛は吹けます。

 

一生使わないで済めば、それが一番。
でも、万が一のときにも、絶対に生きていて欲しい。

だから、大切な人に持っていて欲しい。

 

お問い合わせは、シュアティ・マネジメント協会 へ。

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私とあの人の関係について ―あのひと検索 SPYSEE(スパイシー)

って、刺激的なタイトルにしてみましたが、これは、「あのひと検索 SPYSEE(スパイシー)」のことです。

「SPYSEE はセマンティックウェブ技術を使い、ウェブ上から人と人の関係を見つけ出して見える形にするサービスです」と書かれています。

ウェブ上の情報・・・サイトやブログから、人の名前とその周辺の記述を収集して、人間関係の相関図を作ってしまうものです。
ある人物に関連する画像やサイトだけでなく、「つながりの成分」とか「小田順子と○○との関係」なんてことも表示されちゃいます。

以前、「イノベーション・ジャパン2008 - 大学見本市」という投稿でご紹介した、東京大学大学院の研究成果を利用されているのでしょうか・・・。わかりません。

とにかく、見ていただければわかります。
クリックしたら、ページの右側、真ん中あたりを見てください。
相関図がうにゃうにゃうにゃ・・・っと広がっていくのがおもしろいです。

Spycee 「役所屋本舗」のつながり

「小田順子」のつながり

 

おおむね、正しい人間関係が表示されています。
また、ページのほとんどはスクリプトですが、サイトへのリンクもあるので、バックリンク1個ゲット!にはなるかも。

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

隠れ家サロン 「エンジェルローズ」

[隠れ家サロン] ブログ村キーワード

 

氣康とリンパのナチュラルエステティック、隠れ家サロン 「エンジェルローズ」

Kikou 私がひそかに通っている、内緒のサロンです。

 

氣康師の田中めぐみさんが私の腰に手を当てると、頭のてっぺんがグツグツと煮え立っているような感じがしました。

目を閉じて、まぶたにパワーストーンを乗せられるとい~い気持ち。
と、思うと、今度は足の裏がジリジリ熱くなってくる

え?足の裏に触ってないよね???

 

「普通は氣を送り込むんだけど、
 小田さんの場合は、いろんなものを
 自分の中にため込んじゃってるから、
 それを排出する穴をあけたの。」

 

40を過ぎると、あっちここっちもガタが来るんですよ。
なんだかいつもどこかが具合悪くて。

でも、田中さんのサロンに行ったら、ウソみたいに症状が改善。つらかったことを忘れてしまうくらいに。

 

さらに、

「うん、胃腸は丈夫だね。
 基本的に、いたって健康!」

なんて言われると、

「そっか~。
 私って、健康なんだわ♪」

って、良い自己暗示にかかって、よけいに元気になる。

 

・・・って、怪しい宗教にでもハマっちゃったの?って思われそうですね。

でも違うんです。
このサロンでは、互いの「氣」の交流によって、自分自身の「氣」が自己発氣していくという施術をするんですね。

特に、「中心氣康」といって、中心にあるべき氣がずれてしまっているものを、あるべきところに戻し、氣の流れをスムーズするのだそうです。

ちょうど、コマがうまく回るためには、中心が定まっていないといけないというのと同じです。

このあたりは、五木寛之さんの「気の発見」という著書に詳しく書かれています。

 

ついでに「リンパ」のエステもやってもらったのですが、顔から首、鎖骨へ、グリグリグリ・・・っとリンパを流すと、顔がぐぐっとリフトアップするんですね。

左半分をやってもらって、

「ホントだぁ~」

なんて感心していたのですが、残り右半分をやってもらったら、

「ぎゃはははは!
 右だけやりすぎちゃった!
 ごめ~ん!もう一回、左もやるねぇ~」

だって・・・。
陽気でキュートな田中さんです♪

 

そんな素敵な氣康師、田中めぐみさんへのお問い合わせは、氣康とリンパのナチュラルエステティック、隠れ家サロン 「エンジェルローズ」へ。

只今、ホームページも改造中です☆

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特集「ウェブ活用のすすめ」 ―FPジャーナル

本日、発行の「FPジャーナル」。
冒頭特集は「ウェブ活用のすすめ」です。

その中の「仕事の依頼が入るウェブサイトを作る」という記事を執筆させていただきました。

  1. サイト作り 5つのポイント
  2. プロモーション

について、具体的なサイトの画面キャプチャーやお役立ちツールなどをまじえながら、1ページ半にわたって解説しています。

 

なんとsign01フルカラーsign03
とても美しく、見やすい紙面ですshine

 

「FPジャーナル」【2009年2月号(第109号)】

 

ちなみにこの「FPジャーナル」とは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の機関誌で、米国・FPA提携誌『日本版FPジャーナル』というのが正式な名称のようです。

 

FPの資格というと「FP技能士」ですが、常に知識のブラッシュアップが必要とされる資格なので、その継続教育を担うのがNPO法人FP協会さんなのだそうです。

いくら資格試験に受かっても、決まった期間に決まった単位数を取得しないと「CFP」「AFP」は失効してしまうとか。
厳しい世界ですね~。

でも、このご時世では特に、たくさんの方々に必要とされるお仕事ですよね。
FPのみなさま、FPを目指しているみなさま、がんばってください!

(「CFP」資格は国際資格というのがなんともカッコイイですshine

FPについて、詳しくはこちらdownwardleftをご覧ください。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけるとハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Googleが壊れた! ―このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。

自分のサイトをサイト名で検索したら、

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。

と・・・。
ひどいわ・・・。なんでよ・・・。

証拠画像downwardleft

Googleerror_2

しかし、他のサイトもみんな同じ。
FP協会の公式サイトもやはり、

「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」

Googleが壊れた???

10分ほどしてもう一度検索したら、元のとおりになっていました。

Google090201_2

なんだったんでしょ・・・。

memo追記 「Google Blog Directory」より

全ての検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」というメッセージが表示された件について 2009年2月1日

Posted by マリッサ メイヤー
( 検索製品および利便性向上副社長)

日本時間 1 月 31 日 23 時 30 分から 2 月 1 日 0 時 25 分の間に表示された全ての検索結果において「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」というメッセージが表示されていました。単純な人的ミスが原因です。 ユーザーの皆様に大変な御迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


・・・ということだったらしいです。

「コンピューターに損害を与える恐れのあるURL のリストは人的および機械的に管理されてい」るそうで、昨晩、そのリストを更新した際に

「リストのなかに "/" というパターンが誤って混入していた」

ために、すべてのサイトがマッチしてしまったようです。

 

 

 ブログランキングに参加しています。
 最近、自分のクリックが効きませんcrying
 ぽちっと応援クリックしていただけると、今年もハリキリますdownwardleft

 にほんブログ村note
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 人気ブログランキングnote
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »