« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

バナー広告の効果UP!

 日本広告主協会が1997年に行った実験結果では、バナー広告の面積が通常サイズの2倍になるとクリック率は約1.6倍に、3倍で約2.5倍に、逆に2分の1では約4分の3になったそうです。
 さらに、アニメーションを取り入れたバナーは静止バナーの約1.5倍、HTMLバナーは静止バナーの2倍以上のクリック率だったとか。

 2000年に行われた実験では、デザインがシンプルで情報を整理して短くはっきりとしたバナーはクリック率が高かったそうです。

 また、インターネット広告推進協議会が2002年11月から翌年2月にかけて行った効果測定では、バナー広告が商品・サービスのブランディング効果があることが確認され、フローティング広告はさらにその効果が高いことが明らかになりました。

 でも、個人的にフローティング広告はあまり好きではないのですが・・・あの、ぽよよ~んと上から落ちてくる小さなウィンドウ・・・申し込みを強要しているようで、なんかうっとおしくないですか^^;

 マイクロソフトのMSNがデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと2003年9月から10月にかけて実施した調査では、動画を取り込んだバナーは、普通のバナーよりも広告認知やブランド評価が高く、クリック率だけでなく、コンバージョン率(クリック者の購買率)でも普通のバナーを上回ったそうです。

 以上、『図解 インターネット広告』((太駄健司著、翔泳社)より、覚書でした。

 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社保庁、著作権侵害で損害賠償

 27日の新聞で読みました。

 実は私も、役所の広報課時代は、新聞記事のクリッピングが日課でした。

 私がいた区役所では、広報課の職員が、行政に関係のある記事を選び、その見出しを庁内ネットワークに掲載する、ということをしていました。

続きを読む "社保庁、著作権侵害で損害賠償"

| | コメント (0)

CSMS的ブックレビュー ―文章は3分以内にまとめなさい

 『3分以内に話はまとめなさい できる人と思われるために』(高井伸夫著 かんき出版)を読みました。

 話や文章は、短いに越したことがないのは誰しも異論がないと思いますが、高井弁護士いわく、「3」には深い意味が隠されている、と。

 「3」は「たくさん」という概念の最小数字。「ひとつ、ふたつ、いっぱい」です。
 確かに、「三人寄れば文殊の知恵」とか「仏の顔も三度まで」とか、ことわざもたくさんありますね。

 3分間だと、ゆっくり話して800字、やや早くて1100字だそうで、この本のまえがきも1100字程度におさめているところにハッとさせられました。

 でも、気持ちを相手に伝える場合、言語が占める伝達量はわずか7%に過ぎず、一番伝達できるのは「表情」(55%)で、次が「声の調子」(38%)なのだそうです。

 文章だけで表現するライターという職業は、この7%で勝負する厳しい世界なのですね。

 しかし、さすが弁護士。自らの考えを語る際には、いちいち根拠を示します。
 当然、他人の発言や研究成果の引用が多くなりますが、「・・・だそうです。」「だとか。」「・・・によれば、」という定型以外に、バリエーションに富んでいる。

 上手に話をするだけでなく、上手に文章を書く参考にもなりそうです。・・・ということで、「文章は3分以内にまとめなさい」という記事タイトルにしてみました。

 おっ!以上、約500字。


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSMS的ニュース ―Googleな人は豊か、Yahoo!な人は貧しい!?

そんな、おっそろしい記事を見つけました。

貧しい人はヤフーで検索し、富める人はグーグルで検索する傾向があるとか・・・。

続きを読む "CSMS的ニュース ―Googleな人は豊か、Yahoo!な人は貧しい!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSMS的ツール ―あなたのブログを診断します

 Web上でブログを解析して、そのブログの「話題の特徴」や「心情変化」がわかるツールがあります。

 「どんなコトバ」が「どんな気持ち」で語られているかをエントリーごとに解析結果として表示するサービスです。

 ためしにこのブログを解析してみたら、次のような結果が出ました。

 「尊敬の思い」がブログからにじみ出ています。
 話題に関しては「経済」について多く書かれているみたいです。

「尊敬の思い」
判定ワード:尊敬、 姿勢、 感情、 先生、 意味、 対象、 主義...

その他の感情
「怪しいと疑っていること」 「悲しい気持ち」 「経済」
判定ワード:動向、 主要だ、 下落、 政府、 株価、 市場、 主義...

その他の話題:「政治」 「本」

 この他に、「似ている著名人ブログ」と共通するワードなども表示されます。
(私は「大前研一のニュースのポイント」でした・・・。)

 2つのブログの相性診断もあります。

 会員になると、ブログから読み取れる話題や感情をバイオリズム・グラフで表現したり、気がつかずに使っている使用頻度の多い言葉(言い回し)」なども表示してくれるそうです。
 ブログ解析で自分自身の知らない自分が分かる!?

ブログから、話題を知る、きざしを見つける kizasi.jp


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSMS的ニュース ―Yahoo!SearchTechnologyが消滅する?

 米Yahoo!が、Microsoftの買収提案を拒否したそうですね。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)によると、ヤフー経営陣は、1月末の株価に62%を上乗せした1株あたり31ドルという買収額は「過小評価だ」として、1株40ドル未満では買収に応じられない方針を確認した(2008年2月11日読売新聞朝刊)、とか。

 株の売価をつり上げる目的なのか、GoogleとのOEMを本気で考えているのか・・・いずれにせよ、日本のYahoo!は話が別のようですが、でも、米Yahoo!がマイクロソフトに買収されたら、YSTがMSNと一緒になって、日本のヤフーのアルゴリズムも変わるのでしょうか・・・ちょっと心配になって、MSNでいくつかのキーワードを検索してみました。

 私が手がけているサイトの主要キーワードは、GoogleでもYahooでも順位があまり変わらないので、MSNでも大丈夫でした。ホッ=3

 「2009年の半ばには、YSTが消滅する」という予測をしている専門家もいます。
 つまり、ヤフーという会社はあっても、Yahoo!SearchTechnologyはなくなるという意味ですね(SEO塾「Yahoo!の選択 - 日本のサイトオーナーの危機管理」)。

 Yahoo!カテゴリはどうなるのでしょ・・・。

おまけ
 OEMとは、Original Equipment Manufactureの略で、製造元とは異なる企業のブランド・・・相手先ブランドで売られる商品、または商品の製造元を言うそうです。


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSMS的ライティングに果敢に挑戦!?

 Yahoo! Search Technologyのインデックスアップデートで若干の順位変動があり、私が作っているページで、1位から4位に下落したものがあります。

 実害がないので放っておいたのですが、今日見たら、なぜか順位が戻って、また1位になっていました・・・???

 さらに、そのページよりちょっと遅れて作ったページが、GoogleでもYahoo!でも検索結果の1ページ目に表示されていることに気づきました。

 「助成金申請代行」というキーワードで検索すると、Yahoo!では7位。新参者(公開して1年も経たないドメイン)を相手にしないGoogleでも9位。
 ちなみに先ほどのYahoo!1位の「建設業許認可申請」ページは、Googleでは圏外(100位以内に入っていない)。

 そこで、ちょっと比較してみました。

【1】キーワード密度

・建設業許認可申請
 1. 「建設」 24回 4.40%
 2. 「業」 20回 3.66%
 3. 「申請」 14回 2.56%
 4. 「許認可」 11回 2.01%

・助成金申請代行
 1. 「助成」 55回 4.68%
 2. 「金」 54回 4.59%
 3. 「申請 」 28回 2.38%
 4. 「代行」 19回 1.62%

【2】単語数、文字量

・建設業許認可申請
 構成単語数 218
 総単語数 546

・助成金申請代行
 構成単語数 392
 総単語数 1176

【3】h2タグのキーワード含有量

・建設業許認可申請 皆無!

・助成金申請代行 7個(全部)

【4】h3タグのキーワード含有量

・建設業許認可申請 そもそもh3皆無!

・助成金申請代行 6個(全部)

【5】情報量

・文字量的に、「建設業許認可申請」ページの方が少ない
・「助成金申請代行」は、関連サイトへのリンク集もある

【6】内部リンク

 「助成金申請代行」のほうが多い。

【7】外部リンク

 両方とも「権威あるサイト」からのリンクは皆無。

 ・・・と比較してみると・・・せっかくYahoo!1位の「建設業許認可申請」ページをちょっといじってみたくなりました・・・。
 結果はまたご報告しますのでお楽しみに!



 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーグル、マイクロソフトに対抗(米ヤフー支援提案)・・・を論じる!?

 夕刊を見てビックリ!
 日経ならともかく、読売の一面にデカデカ「グーグル」の文字は珍しいので・・・。

 以下、「天声人語」 (朝日新聞)風に論評を書いてみました。
 って、単に「天声人語風メーカー」で遊んでみただけなのですが^^;

マイクロソフトはマイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張している。しかしちょっと待って欲しい。マイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張するには早計に過ぎないか。 マイクロソフトの真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。 例えばグーグルからはマイクロソフトによるヤフー買収提案を独禁法違反の疑いで審査べきだと主張するような声もある。 このような声にマイクロソフトは謙虚に耳を傾けるべきではないか▲ 思い出してほしい、過去にも何度もマイクロソフトはグーグルの叫びを無視している。 マイクロソフトはグーグルのマイクロソフトによるヤフー買収提案を独禁法違反の疑いで審査べきだという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。 確かにグーグルには米検索市場における市場占有率が約6割という問題もある。だが、心配のしすぎではないか▲ マイクロソフトの主張は一見一理あるように聞こえる。 しかし、だからといって本当にマイクロソフトはマイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張できるのであろうか? それはいかがなものか。的はずれというほかない▲ 事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。 マイクロソフトは、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。 マイクロソフトの主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。▲ マイクロソフトに疑問を抱くのは私達だけだろうか。 マイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張したことに対してはグーグルの反発が予想される。マイクロソフトによるヤフー買収提案を独禁法違反の疑いで審査べきだという主張を支持する声も聞かれなくもない▲ マイクロソフトもそれは望んでいないはず。しかしマイクロソフトはヤフーを買収すれば、電子メールサービス分野で圧倒的なシェアを占めることになり、ネット利用者の選択の余地が狭められるである。 マイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張する事はあまりに乱暴だ。マイクロソフトは再考すべきだろう。 繰り返すがマイクロソフトはヤフーを買収すれば、電子メールサービス分野で圧倒的なシェアを占めることになり、ネット利用者の選択の余地が狭められるである▲ マイクロソフトのマイクロソフトとヤフーの組み合わせは、インターネット市場に競争をもたらすと主張したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSMSライター的文字数

 マイクロソフトがヤフーを買収か!?というニュースが世間をにぎわせています。
 ヤフーがどう出るか・・・今後のヤフーの動向に注目!です。
 ただし、米Yahoo!の話で、日本のYahoo!はまた別物のようですが。

 以前にも書きましたが、世界的にはYahoo!より圧倒的にGoogle。
 2007年8月米コムスコア社の調査では、Google 60.8%、Yahoo! 14.0%、百度 5.3%、マイクロソフト 3.5%。

 私は、検索にはGoogleしか使わない人でしたが、日本ではYahoo!を利用する人の方が多いと知り、CSMS資格取得のための勉強をしたのをきっかけに、Yahoo!も意識して使うようになりました。

 実際、作ったばかりのページを上位表示してくれるのはYahoo!ですし、普段、あまりパソコンを使わない方ほど、困った時はYahoo!で検索することが多いようで、SEO的に即効性があります。つまり、集客に直結するということです。

 その「日Yahoo!」のニュース トピックス。
 「13文字以内」と決まっているのはご存知でしたか?(英数文字は半角なので、2つで1文字カウント)

 ネット媒体の場合、短時間で情報を咀嚼する必要があり、そのため一目でわかるということが大切。文字を「読ませる」というよりは、「見せる」という意識が必要です。
 長いと見てもらえない・・・ということです。
 先日も、某観光情報のDVD作成で、写真のキャプションを作るお仕事をしましたが、文字数他、制約が多く苦労しました。

 ちなみに、リスティング広告を出向する場合、Googleアドワーズは、クリエイティブタイトル全角12文字、 説明文は2行で、1行につき全角17文字に制限されています。
 オーバーチュア(Yahoo!)の場合、タイトルは15文字、説明文は33文字以内です。

 でもそれは、紙媒体でも同じこと。新聞も、1行11字~13字です。
 わかりやすい、読んでもらえる文章は、内容以前に文字数、行数だったりします。

 ちょっと怪しいキャッチーなコピーはもちろんですが、お役所系の硬い文章でも、読んでもらえる文章の秘訣は、1文が短いこと、文字数が少ないこと・・・です。

 短い文章だと、主語と述語を入れたら、あとはあまり入りません^^;
 それで、煮詰まった、味の染みた、おいしい文章になるわけですね。

■参考 ―卒論より
 わかりやすい広報文の書き方


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelのセルの途中で改行したい

 エクセルの便利な機能、初級編です。

 エクセルは表計算ソフトですから、計算式を入れて集計するような表の作成に使うのですが、ワードの罫線の機能が使いにくいため、文字列の表を作るときにも使う方が多いようです。

Mos1_2  そんなときによく見かけるのが「スペースキーの連打」。
 セルの途中で改行したいがために、文字が次の行に行くまでスペースキーを何度か打つ・・・ということをしている方、印刷したり、メールに添付して送ったりすると、うまく改行できていないことがありませんか?

続きを読む "Excelのセルの途中で改行したい"

| | コメント (0)

小論文の自動採点ソフト

 ウェブ上で、小論文を入力すると、即座に採点してくれるシステムが公開されています。

森リン 作文小論文の自動採点ソフト(1200字用)

 おもしろいので、このブログの記事のひとつ、「申請」主義の年金「給付」を入力して遊んでみました。

 結果は以下のとおりです。

****************************

総合 82 点(上位46%以内)

思考力 54点
知識力 51点
表現力 53 点

【文体】

○文の流れが自然です。

○文章の中心がよくしぼられています。

△長い文と短い文が多く中間の文がやや少なめです。

百字を超える文1ヶ所(-1点):  ▲109字
  私たちにしてみれば、まじめに働いてこつこつと払ってきた年金保険料を受け取る段になって、「必要書類をきっちりそろえて、自ら申し上げ請うのであれば、年金を給わり付すぞよ」という仕組みは、どこかおかしい感じがしますよね。

****************************

 このブログ記事は、MSワードの「文字カウント」機能を使うと、627文字。このように、規定の字数(1200字)よりも短い文章は低めに評価されるそうです。
 また、「評価するジャンルは小論文で、詩・短歌・小説などはあまり高い評価が出ない」とのことなので、そもそもブログは対象外です^^;

 そのわりに評価が高い。
 思考力、知識力、表現力 ともに低いのに、総合点で高くなっているのはなぜ???

 「小論文として採点しているため語彙間のバランスも評価に入れています」と書いてあることは関係があるのでしょうか・・・。
 裏で走っているプログラムを見てみたい・・・(*^-^*)



 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »