« Excelのセルの途中で改行したい | トップページ | グーグル、マイクロソフトに対抗(米ヤフー支援提案)・・・を論じる!? »

CSMSライター的文字数

 マイクロソフトがヤフーを買収か!?というニュースが世間をにぎわせています。
 ヤフーがどう出るか・・・今後のヤフーの動向に注目!です。
 ただし、米Yahoo!の話で、日本のYahoo!はまた別物のようですが。

 以前にも書きましたが、世界的にはYahoo!より圧倒的にGoogle。
 2007年8月米コムスコア社の調査では、Google 60.8%、Yahoo! 14.0%、百度 5.3%、マイクロソフト 3.5%。

 私は、検索にはGoogleしか使わない人でしたが、日本ではYahoo!を利用する人の方が多いと知り、CSMS資格取得のための勉強をしたのをきっかけに、Yahoo!も意識して使うようになりました。

 実際、作ったばかりのページを上位表示してくれるのはYahoo!ですし、普段、あまりパソコンを使わない方ほど、困った時はYahoo!で検索することが多いようで、SEO的に即効性があります。つまり、集客に直結するということです。

 その「日Yahoo!」のニュース トピックス。
 「13文字以内」と決まっているのはご存知でしたか?(英数文字は半角なので、2つで1文字カウント)

 ネット媒体の場合、短時間で情報を咀嚼する必要があり、そのため一目でわかるということが大切。文字を「読ませる」というよりは、「見せる」という意識が必要です。
 長いと見てもらえない・・・ということです。
 先日も、某観光情報のDVD作成で、写真のキャプションを作るお仕事をしましたが、文字数他、制約が多く苦労しました。

 ちなみに、リスティング広告を出向する場合、Googleアドワーズは、クリエイティブタイトル全角12文字、 説明文は2行で、1行につき全角17文字に制限されています。
 オーバーチュア(Yahoo!)の場合、タイトルは15文字、説明文は33文字以内です。

 でもそれは、紙媒体でも同じこと。新聞も、1行11字~13字です。
 わかりやすい、読んでもらえる文章は、内容以前に文字数、行数だったりします。

 ちょっと怪しいキャッチーなコピーはもちろんですが、お役所系の硬い文章でも、読んでもらえる文章の秘訣は、1文が短いこと、文字数が少ないこと・・・です。

 短い文章だと、主語と述語を入れたら、あとはあまり入りません^^;
 それで、煮詰まった、味の染みた、おいしい文章になるわけですね。

■参考 ―卒論より
 わかりやすい広報文の書き方


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

|

« Excelのセルの途中で改行したい | トップページ | グーグル、マイクロソフトに対抗(米ヤフー支援提案)・・・を論じる!? »

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/10058423

この記事へのトラックバック一覧です: CSMSライター的文字数:

« Excelのセルの途中で改行したい | トップページ | グーグル、マイクロソフトに対抗(米ヤフー支援提案)・・・を論じる!? »