« CSMS的ニュース ―Googleな人は豊か、Yahoo!な人は貧しい!? | トップページ | 社保庁、著作権侵害で損害賠償 »

CSMS的ブックレビュー ―文章は3分以内にまとめなさい

 『3分以内に話はまとめなさい できる人と思われるために』(高井伸夫著 かんき出版)を読みました。

 話や文章は、短いに越したことがないのは誰しも異論がないと思いますが、高井弁護士いわく、「3」には深い意味が隠されている、と。

 「3」は「たくさん」という概念の最小数字。「ひとつ、ふたつ、いっぱい」です。
 確かに、「三人寄れば文殊の知恵」とか「仏の顔も三度まで」とか、ことわざもたくさんありますね。

 3分間だと、ゆっくり話して800字、やや早くて1100字だそうで、この本のまえがきも1100字程度におさめているところにハッとさせられました。

 でも、気持ちを相手に伝える場合、言語が占める伝達量はわずか7%に過ぎず、一番伝達できるのは「表情」(55%)で、次が「声の調子」(38%)なのだそうです。

 文章だけで表現するライターという職業は、この7%で勝負する厳しい世界なのですね。

 しかし、さすが弁護士。自らの考えを語る際には、いちいち根拠を示します。
 当然、他人の発言や研究成果の引用が多くなりますが、「・・・だそうです。」「だとか。」「・・・によれば、」という定型以外に、バリエーションに富んでいる。

 上手に話をするだけでなく、上手に文章を書く参考にもなりそうです。・・・ということで、「文章は3分以内にまとめなさい」という記事タイトルにしてみました。

 おっ!以上、約500字。


 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

|

« CSMS的ニュース ―Googleな人は豊か、Yahoo!な人は貧しい!? | トップページ | 社保庁、著作権侵害で損害賠償 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/10762176

この記事へのトラックバック一覧です: CSMS的ブックレビュー ―文章は3分以内にまとめなさい:

« CSMS的ニュース ―Googleな人は豊か、Yahoo!な人は貧しい!? | トップページ | 社保庁、著作権侵害で損害賠償 »