« 4-1 広報文の分類 | トップページ | Googleが邪悪になったら!? »

4-2 生命に関わる情報(レベル3)

2 生命に関わる情報(レベル3)

 例えば、「避難勧告」と「避難指示」では、後者のほうがより切迫性が高く、「避難命令」とも言い換えられるものだが、「勧告」という語は一般的に「行政が何かを強制するもの、上から強く命令するもの」というイメージがある。
 住民税などの滞納者に対する「催告書」を「カンコクショがきた」と表現する住民も多く、「勧める」という語自体が、行政文書において使用された場合は、違った意味を持つものと受け止められているようだ。
 そのため、「勧告」から「指示」へと移行した場合に、災害の状況が軽減したと受け止められがちである。

 この用語について、アンケート調査を行った。

 その結果、31人のうち4人が「避難勧告の方が、避難指示より危険度が高い」と判断した。
 アンケートの対象者は、10歳代から70歳代の男女31人で、私が所属している防災関連のNPO法人のメンバーとその家族である。防災に関する専門用語には詳しいはずだが、それでも1割が正しく理解していない
 人の命に関わる情報は、100%の人に理解できるよう発信すべきだ。

※アンケートの内容はすべて、別紙「アンケート調査報告」にまとめた。

 そこで、この結果と佐藤和之らが作成した『新版 災害が起こった時に外国人を助けるためのマニュアル』を提示し、区の防災担当者に、水害時の広報文を書き換えてもらった。
 書き換えたものは表9「風水害時お知らせ文言い換え」の「担当者案」のとおりである。

 表中、赤字になっているところは、理解が難しいと担当者が感じた表現である。青字はそれを言い換えたものだが、適切な言い換えが見つからずにあきらめた部分もある。

 このうち、以下の単語はレベル3の級外である。

2級

あふれる、あり、お~、大~、こちら、下がり、して、十分、住まい、住んで、増加、発表、必要、増えて、方(かた)、役所

1級

解除、区、洪水級外 警報

※ただし、佐藤和之らの研究室のホームページにある語彙表は、『日本語能力試験 出題基準』とは異なっている。(『日本語能力試験出題基準【改訂版】』(国際交流基金,財団法人日本国際教育協会,凡人社 2002)

 よって、言い換え例(レベル3)のように言い換えた。

 レベル3の言い換え例で赤字の部分は、理解することは困難でも覚えたほうがいい語彙である。

 佐藤和之らは、阪神淡路大震災で、周囲の人の「避難所に行く」という言葉の意味がわからずに、家具が散乱する自室に戻らざるを得なかった外国人の例を挙げ、<「避難(所)」や「余震」といった安全に直接関わる語や、状況を把握するのに必要な「震度」「給水車」といった語>は、<放送などで繰り返し使われるうちに、非日本語話者たちは自然に耳から覚えることとなり、やがてその音と意味は結びつくはずという学習効果を期待して>、積極的に用いることとしている。(松田陽子・前田理佳子・佐藤和之『災害時の外国人に対する情報提供のための日本語表現とその有効性に関する試論』「日本語科学」第7号 2000年4月)

 このような案文を作成するのには多大な労力と時間を要するが、災害が起こってからでは間に合わないため、日ごろから定型文を作成しておく必要がある。

表9 風水害時のお知らせ言い換え案

風水害マニュアル

担当者案

言い換え例(レベル3)

警報発表

 こちらは、○○区役所です。

 大雨・洪水警報が発表されました。
 河川の近くにお住まいの方は、河川の増水に注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 大雨・洪水警報が発表されました。
 の近くに住んでいる方は、水の増加に注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 大雨・洪水警報が発表されました。
 これから、たくさん雨が降るかもしれません。これから、川の水が増えるかもしれません。

 気をつけてください。

増水注意

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川が増水しています。
 十分注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川の水が増えています。
 川の近くに住んでいる方は、十分注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川の水が増えています。
 川の近くは、危ないかもしれません。気をつけてください。

警戒水位突破

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川が警戒水位を越えました。
 河川の氾濫(はんらん)に十分注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川の水があふれるかもしれません。
 川の近くに住んでいる方は、
十分注意してください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川が警戒水位を越えました。
 ○○川の水がいっぱいになりました。
 川の近くは、危ないです。気をつけてください。

避難勧告

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川が溢れそうです。
 川沿いの方は避難してください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川があふれそうです。
 川の近くにお住まいの方は逃げてください。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川が溢れそうです。
 ○○川の水がいっぱいになりました
 川から離れて避難してください。
 川から離れて逃げてください。

避難解除

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川の水位は下がりました。
 避難の必要はなくなりました。

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川のは下がりました。
 逃げる必要はありません

 こちらは、○○区役所です。

 ○○川の水位は下がりました。
 避難の必要はなくなりました。
 ○○川の水は少なくなりました。
 逃げなくてもいいです。

警報解除

 こちらは、○○区役所です。大雨・洪水警報は解除されました。

 こちらは、○○区役所です。

 大雨・洪水警報は解除されました。
 これから、たくさん雨が降ることはありません。
 これから、川の水が増えることはありません。

続きを読む

ひとつ前に戻る

flairこんなお話も含めて、セミナーを開催します。

 全国の行政職員の方、もし興味をもたれたら、セミナーにご参加いただき、一緒に考えませんか。

■日本経営協会 公開セミナー
地方自治体のためのホームページ活用講座

論文の目次に戻る

 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« 4-1 広報文の分類 | トップページ | Googleが邪悪になったら!? »

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

防災・減災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4-1 広報文の分類 | トップページ | Googleが邪悪になったら!? »