« 3-5 お役所用語は外国語 ―語用論的転移 | トップページ | 4-2 生命に関わる情報(レベル3) »

4-1 広報文の分類

第4章 行政の広報文を検証する

 「わかりやすさ」とは一般的に主観的なもので、同じ文章を読んでも、わかりやすいと感じる人とわかりにくいと感じる人は必ずいる。
 しかし、行政の発信する情報の受け手は不特定多数の住民である。行政内部の事務文書でなく、住民に直接的に情報を伝えること、そして理解を得ることを目的とした広報文は、何らかの客観的な基準や評価項目が必要だ。

1 広報文の分類

 まず、佐藤理史らの「日本語の平易度の3段階」を踏まえ、広報文を表8のように分類した。

表8 行政の広報文のレベル3段階
レベル 321
情報の内容

生命に関わる情報

日常生活に必要な情報

行政の政策情報

事業の例

防災、健康危機管理

税金、年金、健康保険など

区の財政、人事など

周知方法

すべての住民に平等かつ迅速に周知する必要がある

わかりやすく、詳細に説明することが求められる

必要であれば詳細な情報を入手できるようにしておく必要がある

広報媒体

防災無線、広報車、チラシなど

広報紙、ガイドブック、ウェブサイトなど

広報紙、ウェブサイト、パブリシティ、白書など

 以降、この分類の中で、行政の情報としては特に重要なレベル3と2について述べる。

続きを読む

ひとつ前に戻る

flairこんなお話も含めて、セミナーを開催します。

 全国の行政職員の方、もし興味をもたれたら、セミナーにご参加いただき、一緒に考えませんか。

■日本経営協会 公開セミナー
地方自治体のためのホームページ活用講座

論文の目次に戻る

 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« 3-5 お役所用語は外国語 ―語用論的転移 | トップページ | 4-2 生命に関わる情報(レベル3) »

行政・自治体」カテゴリの記事

言葉・文章の書き方・広報・日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3-5 お役所用語は外国語 ―語用論的転移 | トップページ | 4-2 生命に関わる情報(レベル3) »