« CSMS的SEO ―バックリンク | トップページ | CSMS的SEO ―SEOスパム »

CSMS的SEO ―Page Rank

 前回は「バックリンク」のお話をしましたが、今回はその続きで、Googleの「リンクポピュラリティ」と「Page Rank」のお話。

1.このブログの人気度

 例えばこのブログ。
 人気ブログランキングに参加していることで、人気ブログランキングのページからリンクをされています。

 確認ついでに応援クリックお願いします☆
 「CSMS資格取得者がSEOを考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー
 (人気ブログランキングのページを確認できます)

  人気ブログランキングの「資格・スキルアップ」の、上位50位までが表示されているページは「Page Rank」が「4」です。そういう意味では、リンクをもらっておいたほうがいいサイトです。

2.人気は平等に分かち合う

 でも、この「支持投票制度」は、共産主義(?)です。
 人気ブログランキングの各ページには、50個の参加サイトとその個別ページ、その他広告やサイト、内部へのリンクなど、100個くらいのリンクがあります。

 だから、Googleにしてみれば、私がもらっている支持票は、

 Page Rank4÷リンク100個=Page Rank0.04

 ・・・単純に言うとそういうことです。

3.リンクファーム

 ですから、「SEO対策のために、被リンク数が稼げます」などというリンク集(これを俗に「リンクファーム」と呼ぶらしいです)に登録しても意味がないのです。一時的に検索結果の順位が上がることがあったとしても、すぐに下がってしまうようです。

 考えてみれば、そのリンクファームのPage Rankが例え10であっても、たくさんのページにリンクしていたら、リンクしてもらえるほうにとってはたいした票(数値)ではなく、逆にリンクをするほうも、たくさんのページに手持ちの票をばら撒いてしまったら、自分のサイトの数値も目減りしてしまうわけで・・・

3.検索エンジンスパム

 例えばYahoo!ブックマークやはてなアンテナを使って、自分のサイトを登録したら、ドメインも異なるし、ひとつのバックリンクにはなります。

 でも、そんなものは微々たるものです。
 何十個も登録すれば別でしょうが、そうなると、今度は「検索エンジンスパム」とみなされてしまう恐れもあります。

 スパムと見なされれば、インデックスを削除されてしまう=検索結果にまったく表示されなくなる恐れもあります。

 また長くなってしまったのでこの辺で。
 次回は話題の「スパム」のお話をしようかと思っています。

おまけ

 このブログ、「CSMS」で検索すると、Googleで27位に表示されるようになりましたね。数日前まではブログ検索でしか表示されなかったのに。
 Yahooでは12位。引越し前のブログは8位。
 やはり、公開してからの日数というのは、特にGoogleの場合、ページ数や中身より影響があるように思えてなりません。



 人気ブログランキング↓の順位を確認♪
 「CSMSライターが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

 

|

« CSMS的SEO ―バックリンク | トップページ | CSMS的SEO ―SEOスパム »

CSMS・SEO・SEM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470338/8287700

この記事へのトラックバック一覧です: CSMS的SEO ―Page Rank:

« CSMS的SEO ―バックリンク | トップページ | CSMS的SEO ―SEOスパム »