コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://kotonoha-honpo.co.jp/
居住地: Japan
郵便番号: 160-0022

1行紹介

文章の危機管理コンサルタント、広報コンサルタント

自己紹介文

【好評発売中!】

【連載】


【講演実績】


国内大手企業、日本年金機構、青山学院大学、特別区職員研修所、滋賀県市町村職員研修センター、三重県、埼玉県、彩の国さいたま人づくり広域連合、関東町村会、福岡市、北海道、日本翻訳者協会、東京葛飾中央ロータリークラブ、日本FP普及協議会、神奈川県、大分県、甲南大学、社団法人日本経営協会、ほか多数
講演実績の詳細はこちら


【執筆・制作実績】


日経BP、日本図書館協会、公職研、都政新報(連載)、ぎょうせい、学陽書房、明日香出版、財団法人地方自治情報センター(連載)、株式会社時事通信社(連載)、日本災害情報学会、日本FP協会、財団法人日本都市センターほか多数
執筆実績の詳細はこちら

【コンサルティングなど実績】

  • 柏崎市広報専門官(2013 年9月~)
  • 財団法人「地方自治研究機構」アドバイザー(2012 年4月~2013年3月)
  • 七尾市(石川県)行政施策アドバイザー(2012年2月~2013年3月)
  • B区公式サイトリニューアル委託事業者選定委員(平成24年度)
  • A市「広報研究チーム」アドバイザー(広報戦略に関するコンサルティング、報告書の監修)(平成24年度)
  • 埼玉県広報コンクール(Web分野)審査員(平成24年度~)

企業のコンサルティング事例はこちら(株式会社ことのは本舗のサイトが別ウィンドウで開きます)

誰も教えてくれなかった!公務員の仕事術

【取材協力・メディア掲載等】

読売新聞


Video streaming by Ustream

都政新報

Tokyonewss

  • 『monoマガジン』11月2日号「特集 家は男の遊び道具だ!」
  • 『FMサルース サロン・ド・防災』防災インタビュー 「次の世代に伝える耐震と防災の活動」
    ※日本災害情報学会で、2010年「廣井賞」を受賞した取り組みです!
  • 『朝日新聞』2007年1月13日朝刊19面(生活)「防災のココロだよ ―震災に遭うかもしれない若い世代へ」


【経歴・資格等】



  • 東京都立西高等学校から成城大学経済学部に進学するも、出産のため中途退学。
    社会人になってから法政大学文学部日本文学科を無事に卒業。
    2012年3月、放送大学大学院修士課程(文化科学研究科文化情報プログラム)修了。法政大学大学院博士後期課程(日本文学専攻)在籍。

  • 2007年3月までは中野区役所に勤務。
    区立小学校→国民健康保険課→情報システム課→広聴広報課→保健所に在籍

  • デジタルハリウッドで、SEO、ウェブデザイン、ウェブディレクションを学ぶ

  • 日本エディタースクールで雑誌編集とライターコースに学ぶ

  • 「サーチエンジンマーケティングスペシャリスト」(Certified Advanced Search Engine Marketing Specialist)=CSMS
    「初級システムアドミニストレーター」
    「マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト」(旧制度のMOUS Word2000・EXcel2000上級・PowerPoint2000)
    を取得


【プロフィール】


顧客の「わかりにくい!」を減らし、
企業の好感度と仕事の効率をUPする
文章の危機管理コンサルタント。

「わかりやすい文章」、「わかりやすいサイト」作りを大切にし、
人がよりよく生きるために必要な知識・情報を発信することがミッションです。


実は元中野区役所の職員。
広報課時代はウェブマスターとして1万ページをたったひとりで管理していた
にもかかわらず、1年で劇的なアクセス増(1日あたり1,000件アップ)を達成しました。

「情報公開から情報発信へ」をコンセプトに、区ホームページのリニューアルを手がけ、
お客様の必要とする情報をわかりやすく迅速に発信するしくみを構築。
2005年の大雨水害時の迅速な情報発信などで注目を浴びました。

また、役に立つホームページを作るには、まずユーザー=区民の声を聴くこと、
ということに気づき、「区民の声データベース」を作成。
検索だけでなく、全庁で共有する仕組みを構築しました。


「役に立つ所」と書いて「役所」。
本当に役に立つということは何かを追及し、自由に活動するために、
15年間勤めた役所を退職。


Webデザインの登竜門「デジタルハリウッド」で、Webデザイン・ディレクションを学び、
数々の著名ライター、編集者、新聞記者を送り出している「日本エディタースクール」の
ライターコースで、文章指導の第一人者である大隈秀夫氏直々に添削指導を受けました。


現在は、文章の危機管理コンサルタントとして、大企業、行政など公益性の高い組織を支援。
法律事務所「役所屋本舗」の広報コンサルタント。
「減災」を事業目的とするNPO法人「東京いのちのポータルサイト」の広報担当理事。


 人気ブログランキング↓で順位を確認♪
 「文章改善コンサルタントが日本語を考える」から人気ブログランキングへリンクしているバナー

 にほんブログ村↓でのランキングを確認♪
 にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ




<<ブログ「文章の危機管理コンサルタントが日本語について考える」に戻る


興味のあること

言語学,広報,広聴,Web,日本語,国語,文章,文書,防災,耐震補強,士業,行政